Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

カスタムブラシ(10年熟成越え)を誤って削除した話

先日、10年以上に渡って改造し続けたPainterのカスタムブラシを、誤って削除してしまいました。一番古いので、Painter6の頃からのものもありました。


何故、削除してしまったかと言えば、単純にヒューマンエラーです。
やってた作業というのが以下のものです。

Painter 2015 起動時、たまに動作が終了します

この解決策にある作業
C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Corel
のフォルダを一旦、別名保存し、起動させました。
しかし、この作業いわゆる「Shift+Painter起動」で行う、Painterの初期化と同じ機能をもつものでした。
新たにCorelフォルダが作成され、Painterのカスタムされた部分が初期化されていました。
そして、迂闊にも旧Corelフォルダを消去。中に置いていたカスタムブラシライブラリごと電子の海に消えていきました、という顛末です。

幸いなことに、2013年4月時点でのカスタムブラシのバックアップファイル(Painter12でエクスポートしたライブラリファイル)があり、そこから復旧させました。

しかし、ここで非常にPainterらしい問題が発生。
日本語名のブラシカテゴリ、ブラシバリアントの多くが文字化けしました。

ライブラリレベルでインポートするとほぼ文字化けし、(ただし一部は日本語のままのバリアントがある)

moji
〈図 文字化けしたブラシバリアント名〉

カテゴリレベルでインポートすると、日本語名の文字化けしないという現象がおきました。
当然半角英数字は問題ありません。

分類レベルで平気なのか、ファイル総数が関係しているのかわかりませんが、日本語でブラシライブラリを管理している場合、フォルダ毎の物理ファイル管理が重要です。
総数が少ない場合はカテゴリやブラシバリアントレベルでのエクスポートでもさほど問題にならないと思いますが、大量にバリアントファイルがある場合は物理的にコピー&ペーストによるバックアップが重要です。

ブラシライブラリのフォルダが格納してあるのは
C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Corel\Painter 2015\デフォルト\Brushes\
配下です。
(上記のフォルダは隠しフォルダなので、管理者権限のないユーザでログインしても見えません。)

Painter 2015の機能を使ってバリアント名やカテゴリ名を変更しても、ブラシパラメータが記録されているXMLファイル名は更新されません。Painter内部で、XMLファイル名と、表示しているファイル名をマッチングするためのファイルデータベースが更新されるだけです。

その他の解決方法として、Painter12にライブラリファイルをインポートし、文字化けしてないブラシライブラリの物理ファイルを手に入れるという方法も考えました。
しかし、この方法は考えただけで実践していません。

【追記】
この方法で文字化けしていないxmlファイル群(物理)を手に入れることができました。

結論

昔からある、カスタムブラシ導入方法が一番無難。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 14:43 | Edit

Painter 2015が起動できない不具合(Winのみ)

2015/01/14 にリリースされたMicrosoft .Net Framework 4.5.2の更新をすると、Painter 2015が起動できない不具合が確認されています。

.Net Framework 4.5.2は、Windows Updateで自動更新されてしまうため、ユーザ側が特に意識することなく、突然不具合に遭遇したようにみえるという弊害があります。
(「昨日まで普通に起動できたのに、いきなり起動できなくなった!」的なコンピュータ関連にはよくある理不尽さ)

また、Windows Updateの自動設定の場合(手動で行わない限り)、どのタイミングで起こるのかが各ユーザ毎に異なるため、不具合発生にタイムラグが起きやすいという問題も併せ持っていました。

その問題解決のための修正パッチが、2015/03/19日付けでCorelからリリースされました。

Painter 2015 各種アップデータ(Painter 2015用)

Windowsユーザにおかれましては、適用されておくのが無難と思われます。
自分の環境でも導入しましたが、現在特には問題発生していません。


Painter Essentials 5でも、同様の問題が起きますので、まだ起動できる場合は、メニュー→ヘルプ→アップデートのチェック からアップデートできます。勿論Painterも同様の手順でできます。

すでにPainterが起動できない場合は、
Painter 2015 各種アップデータ(Painter 2015用)
Painter Essentials 5 Hot Fix 1
For Painter Essentials 5 Users の下にある Click [here] to apply ~ をクリック、対象ファイルを保存してください )

各対応 exe ファイルを保存→実行してください。


※ イーフロンティアさん、日本サイトでもPainter Essentials 5 Hot Fix 1 の告知を願います。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 17:09 | Edit

Painterの国内販売代理店イーフロンティアが民事再生法適用申請

現在、Painterを日本国内で販売している代理店「イーフロンティア」が、民事再生法を適用申請しました。

PCソフト販売のイーフロンティア、民事再生申し立て

これが認められると、今後イーフロンティアは会社再建を目指すと思うのですが、その過程の中で、Painterの国内販売権をどのように扱うのか非常に不透明になりました。

再建の中で、取り扱うソフトウェアの取捨選択が行われることが予想されます。
イーフロンティアがそのまま販売権を持ち続けられるのか、手放すのか。
手放した場合に、どこが引き受けてくれるのか、など日本語版については余談を許さない状態です。

現在、イーフロンティアのWEBサイトはつながりにくい状態です。
今度の動向を注意する必要があると思います。

  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:01 | Edit

新バージョンPainter 2015 発売

Painterの新バージョンPainter 2015(Painter 14)が本日8/13、発表・ダウンロード販売が開始されました。
パッケージ版については 2014/8/29 に発売とのこと。

Painter 2015 公式サイト(イーフロンティア)

Painter X3(Painter 13)が、2013/7/23に発売されたので、ほぼ1年でのメジャーアップデートです。
ここ15年くらいはおよそ2年毎にメジャー(ナンバリング)アップデートをしていたので、ここでX3.1ではなく2015とメジャーアップデートをしたのは、正直驚きでした。

過去にさかのぼれば、Ver.5とVer.5.5 Web Editionというのが一応ありましたので前例がないわけではありません。
5→5.5は有料アップデートでしたし、一方9.1→9.5は無料アップデートということもありましたので、ここは開発会社次第です。(ちなみに9.1→9.5の改良と、X3→2015の改良って、Windowsユーザにとってはさほど量変わらないと思います。 ※あくまで個人の感想です



目玉はMac版の64bitOS対応でしょう。
Macユーザは、これだけでもアップグレード価値はあります。

逆に、それ以外の目立った機能はないと言っていいくらいの地味なアップデートです。(特にWindowsユーザにとっては)X3と2015併せて、ナンバリングを上げていいと思う程度の機能改良です。

いささか思うところがあるのですが、このバージョン、アップデート要件が12やX3と比べて緩和されています。
Painter 2015のアップグレード対象は、Painter7以上のユーザ

個人的には、Ver.7~11の旧UI(ユーザインターフェース)のユーザは、機能増加の恩恵が、アップデート代に見合うと思います。
12.2ユーザはパース定規やジッターブラシ、参照イメージ機能(いずれもX3搭載)+2015の新機能で判断された方がいいでしょう。
X3ユーザは、3万近いアップグレード代に見合った機能かと言えば、個人的にX3.1と言える機能と言えます。



そのあたりはCorelもわかっていたらしく、
X3ユーザのみ【2014/10/13まで】期間限定
アップグレート価格が10,800円になります。

おそらく、ダウンロード版2015のみの特別優待価格だと思います。

warning_32q追加
X3からの特別アップグレードも、パッケージ版が販売されています。
ただしCorelからの直販はありません
通常販売店の店頭で申し込み、申し込み用紙に必要事項を記入の後、購入という手続きが必要です。




また、イーフロンティアのメールマガジン読者用に期間限定の「早割キャンペーン」が開催されていました。

X3ユーザだけに限定した場合、X3起動時に表示される2015アップグレートのスプラッシュ広告画面を経由すと、10/13までダウンロード版アップグレードが税込み価格1万円で購入できます。


初めてPainterに触れるというのであれば、この限りではありません。
この評価は、今まで過去にPainterを使用(購入)した経験がある人向けであることをご了承ください。

初出:2014/08/13
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 08:55 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ