Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

カスタムブラシ(10年熟成越え)を誤って削除した話

先日、10年以上に渡って改造し続けたPainterのカスタムブラシを、誤って削除してしまいました。一番古いので、Painter6の頃からのものもありました。


何故、削除してしまったかと言えば、単純にヒューマンエラーです。
やってた作業というのが以下のものです。

Painter 2015 起動時、たまに動作が終了します

この解決策にある作業
C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Corel
のフォルダを一旦、別名保存し、起動させました。
しかし、この作業いわゆる「Shift+Painter起動」で行う、Painterの初期化と同じ機能をもつものでした。
新たにCorelフォルダが作成され、Painterのカスタムされた部分が初期化されていました。
そして、迂闊にも旧Corelフォルダを消去。中に置いていたカスタムブラシライブラリごと電子の海に消えていきました、という顛末です。

幸いなことに、2013年4月時点でのカスタムブラシのバックアップファイル(Painter12でエクスポートしたライブラリファイル)があり、そこから復旧させました。

しかし、ここで非常にPainterらしい問題が発生。
日本語名のブラシカテゴリ、ブラシバリアントの多くが文字化けしました。

ライブラリレベルでインポートするとほぼ文字化けし、(ただし一部は日本語のままのバリアントがある)

moji
〈図 文字化けしたブラシバリアント名〉

カテゴリレベルでインポートすると、日本語名の文字化けしないという現象がおきました。
当然半角英数字は問題ありません。

分類レベルで平気なのか、ファイル総数が関係しているのかわかりませんが、日本語でブラシライブラリを管理している場合、フォルダ毎の物理ファイル管理が重要です。
総数が少ない場合はカテゴリやブラシバリアントレベルでのエクスポートでもさほど問題にならないと思いますが、大量にバリアントファイルがある場合は物理的にコピー&ペーストによるバックアップが重要です。

ブラシライブラリのフォルダが格納してあるのは
C:\Users\アカウント名\AppData\Roaming\Corel\Painter 2015\デフォルト\Brushes\
配下です。
(上記のフォルダは隠しフォルダなので、管理者権限のないユーザでログインしても見えません。)

Painter 2015の機能を使ってバリアント名やカテゴリ名を変更しても、ブラシパラメータが記録されているXMLファイル名は更新されません。Painter内部で、XMLファイル名と、表示しているファイル名をマッチングするためのファイルデータベースが更新されるだけです。

その他の解決方法として、Painter12にライブラリファイルをインポートし、文字化けしてないブラシライブラリの物理ファイルを手に入れるという方法も考えました。
しかし、この方法は考えただけで実践していません。

【追記】
この方法で文字化けしていないxmlファイル群(物理)を手に入れることができました。

結論

昔からある、カスタムブラシ導入方法が一番無難。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 14:43 | Edit

【期間限定】カスタムブラシ配布【終了】

嘘から出た真、ってことで、前回期間限定で配布した「ミギーさん風の透明水彩ブラシ群」を更に微調整して、新規ブラシも加えたカスタムブラシカテゴリを、エイプリルフール企画として1日限定で配布します。

※ 終了しました。


一応今回から、ベータ名称は外しておきます。
これ以上は大規模なチューニングをしないだろうってことで。

(元を正せば、去年のエイプリルフールにTwitterの呟きで、「カスタムブラシ配布するよー」と、嘘をついたっていうのが、この配布の始まりなのです)

Painter12.2↑専用。ブラシカテゴリとして配布してます。
以下のブラシバリアントを含んでいます。

20130401


一部既存の標準ブラシと同名のブラシがありますが、少しだけ改造しています。
ほとんど新水彩、リアル水彩、フローマップ付リアル水彩、という組み合わせなのでCPUをぎゅんぎゅん酷使します。
Painter12.2の(ユーザおよびPC自体に対する)じゃじゃ馬っぷりを堪能できる、ドS仕様です。

ただし
  • 円形フラットウォッシュ
  • 筆ペン
  • リアルコンテ(ハード)
あたりは、負荷の少ないやさしいブラシバリアントに設定していますので、古いPCでもさくさく動くと思います。
一応XPでも確認していますが、ドSバリアントも、効果完了待ち時間1分とか耐えられる人なら使いこなせると思います。

リアルコンテ(ハード)は、インティオスのペンタブレットでミギーさんの線画の雰囲気をだせるようにチューニングしてます。


もともとはイラストレーターのミギーさんの画風を再現するということを念頭においていましたが、ブラシのカスタムメイクに熱中し、いわさきちひろさんあたりの画風も射程範囲に入っています。
当初の目的とは、ずれたものになりました。
しかし、Painterのブラシ改造においては、大変よくあることです。


基本的な注意点は前回と一緒です。
描画結果は、およそ印刷精度で200 dpi程度に想定してます。
推奨テクスチャは、ベーシックペーパー/砂目パステル/フランス水彩紙あたりです。
フローマップとして、以前、私が配布してたテクスチャを使ってもそれっぽい雰囲気を出しやすいと思います。

これらの中で、やや癖の強いバリアントが「画像フラットウォッシュ」です。
これは1ストローク目は普通のまだらのフラットウォッシュになりますが、上から2ストローク目を行うと、いわゆる塩を使った効果になります。
これは前回配布してません。

あとはトライアンドエラーで宜しくです。

説明は以上です。下記「DownLoad」から入手できます。

DownLoad
【pass】Painter122

追加説明。長い。











※ メルト液量マップを2回言ってますが、「ノイズ液量マップの境界」「メルト液量マップ」「水彩液量マップの境界」の誤りです。以下も同じ。





  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:00 | Edit

【期間限定】カスタムブラシ配布【終了】

※ 配布期間は一週間限定(2012/11/25~)です。


ブラシリスト










  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:43 | Edit

Painterのダウンロード版を購入したら次に行う4つの事

Painterはver.9から、インターネットでのダウンロード販売を行うようになりました。
とりあえず、アカデミック版のダウンロード販売だと破格の値段(現在、¥9,333)で入手できますし、ダウンロード版を入手した場合に、次に行うべきこと4つを列挙します。
warning_32q補足
店頭で売っているパッケージ版との違いは、本になったユーザーガイドが付いているかどうかだけで、中身の機能はまったく同じです
(厳密にいえば、ダウンロード版のみ海賊版対策のためのライセンス認証機能があり、使えるまでに一手間がかかるようになっています)

(その1)アップデータの適用

Painterは、各バージョン事に、不具合動作修正のためのアップデータが出ます。
Painterをインストールした場合、まずはこのアップデータをあてて最新版にするようにしましょう。
Corel Painter11 アップデータ(Corelサイト内)

(その2)マニュアルPDFのダウンロード

ダウンロード版には紙のユーザーガイドが無いので、PDFのマニュアルをダウンロードしましょう。

Painter 操作ガイド(PDFマニュアル)(Corelサイト内)

このPDFには、Painterに搭載されている各機能のことが詳細に書かれています。
なので、こういう機能は無いか? と逆引きしたり、この機能はどういう風に使うのか、と調べたりするのに大変重宝します。
Painterはハウツー本が殆どないソフトウェアなので、最も使える教科書的なものともいえます。

また、このPDFの内容は、ソフトウエアのヘルプとほぼ同じ内容です。
Painter起動後にメニュー→ヘルプ→ヘルプトピックを実行(もしくはWindowsであれば、F1キー押下)すればヘルプを参照できますので、使っている途中で疑問な機能や項目があれば、これで検索しても良いでしょう。

(その3)コンテンツデータのダウンロード

パッケージ版のPainterのCDには元々、おまけのエクストラデータ(ブラシ、テクスチャ、イメージホースノズル等)が付いています。
ダウンロード版を購入した場合、これらのおまけデータは標準で付属してないので別途ダウンロードしなくてはいけません。もちろん、これらのおまけデータは無料です。

Painter 11 コンテンツのダウンロード(Corelサイト内)

これらのデータをどの様にして使うかは、Corelサイト内にあるFAQを参考にしてください。

よくあるお問い合わせ Painter 11 のエクストラブラシの追加方法(Corelサイト内)

上記の追加方法はCDからの追加方法ですが、既にハードディスクにコピーされた状態として参考にしてください。
ZIPファイル内にあるxxxxx_HowTo.txtという一連のファイル(英語)を読んでも分かります。高校英語程度が分かっていれば、じっくり読めば内容を理解できると思います。

または先述した『マニュアルPDFのダウンロード』の項目を参照し、導入のやり方を検索してみてください。検索のヒントは「ブラシライブラリ」です。

caution注意1
当然のことですが、これらのおまけデータは本体であるPainter11がなければ利用できません。
ここで配布されているデータはバージョン11専用なので、Ver.10以下のPainterでは利用できません。またPainter Essentialsシリーズでも使えません。

(その4)カスタムブラシのダウンロード

Corelサイトで配布されているカスタムブラシをダウンロードし、Painter11に導入してみましょう。

カスタムブラシ 無料ダウンロード(Corelサイト内)

ちなみにカスタムブラシは世界中で配布されています。こことか。こことか。
Painterのカスタムブラシは、下位互換が有るので、現在のバージョンより古いバージョンで制作されたカスタムブラシならば読み込めます。
逆にPainter9.5や10で、ver.11で作られたカスタムブラシを読み込むことは出来ません
caution注意2
6以前のブラシはブラシデータの形式自体が現在のものと異なります。またWindowsとMacintoshでもそれぞれのブラシデータに互換性がありません。

6以前のカスタムブラシを導入する場合は、そのブラシデータがどのOSで制作されたか注意し、同じ系統のOSであれば「ブラシのインポート」という機能を使って、導入する必要があります。詳しいやり方は、マニュアルかヘルプを検索参照してください。
caution注意3
Ver.12では、6以前のブラシ形式をインポートする機能が削除されました。
6以前のブラシを導入する際は、Ver.8~11のPainterでインポートし、一旦ブラシファイルをXML方式に変換したものを導入するようにしてください。

Ver.12に搭載されているブラシのインポートやエクスポート機能はVer.12形式でまとめてあるブラシを読み込み・導入するためのもので、異なるバージョンのブラシを読み込むものではありません。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 23:41 | Edit

PainterでPhotoshop風のブラシを作る方法

Photoshopで不透明度を低くして描くと、下の色が透けて見える半透明状態で描画されます(図1)。
Photoshopブラシでの描画
〈図1 Photoshopでの描画〉

しかしPainterの標準的なブラシ(ex.ティント)では、レイヤーの透明度に対応していないためそうなりません。(図2)
透明度非対応のため描き始めが白くなった状態
〈図2 透明度非対応のため描き始めが白くなった状態〉


ただし、Ver.9以降に搭載されたアーティストオイルブラシを利用すると、似たようなブラシを作ることができます。

以下、Painter11でPhotoshop風の半透明ブラシを作る方法です。

ブラシのバックアップコピー

ブラシセレクタから、アーティストオイルカテゴリの「ウェットオイリーブラシ」を選択します(図3)。
アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ
〈図3 アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ〉

そして、このブラシのバックアップコピーを作ります。
バックアップコピーの作り方は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシのバックアップコピー」の部分を参考にしてください。

今回、バリアントの保存画面(図4)で入力する保存名は「Photoshop風のブラシ」にします。
勿論わかりやすい名前であれば、どんな名前でもかまいません。
バリアントの保存画面
〈図4 バリアントの保存画面〉

バリアントを保存したら、ブラシセレクタで「Photoshop風のブラシ」をあらためて選択しておきます。

ブラシパラメータの変更

次にブラシパラメータを変更します。

値の変更方法は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシコントロールで変更する方法」か、「ブラシクリエータで変更する方法」を参照して、いずれの方法かで変更してください。

ここでは、変更するパラメータ値のみ列挙します。

(1)一般の変更。
一般パレット
〈図5 一般パレット〉

不透明度:30%
粗さ:30%
ブースト:100%

(2)サイズの変更。
サイズパレット
〈図6 サイズパレット〉

最少サイズ:100%

(3)アーティストオイル変更。
アーティストオイルパレット
〈図7 アーティストオイルパレット〉

量:5%
粘り:100%
混色:0%

ケバ立ち:10%
固まり:10%
尾がすれ:0%

ウェット:100%

値を変更した後は、忘れず「バリアントの保存」を実行してください

注意点
このブラシでキャンバス上に描くと、図8の様になります。
改造したアーティストオイルブラシの描画
〈図8 改造したアーティストオイルブラシの描画〉

しかし、レイヤー上では図8の様には描画できません。

レイヤー上でキャンバス上と同じ動作にするためには、必ずレイヤーパレットにある「下の色を拾う」チェックボックスをオンにしてください(図9の赤い丸で囲んだ部分)。

photoshop-2
〈図9 改造したアーティストオイルブラシをレイヤーで使う〉

あと、よりPhotoshopらしくしたいならば、無地テクスチャと一緒に使う方がそれらしくなります。
Painterで無地テクスチャを作る方法は「Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]」の「無地テクスチャの作成」を参照してください。

応用

アーティストオイルブラシは同時に最大3色を乗せて描画できるブラシです。
なので、このPhotoshop風ブラシで、ミキサーパレットの多色スポイトツール(図10の赤い丸で囲んだ部分)で色を選択すると、アナログ画材の幅広スポンジブラシで色を塗ったような表現ができます(図11)。
ミキサーパレット
〈図10 ミキサーパレット〉
Photoshop風ブラシで多色塗り
〈図11 Photoshop風ブラシで多色塗り〉
warning_32q補足
当然のことながら、ブラシトラッキングの設定は行っていることが前提です。
ブラシトラッキングの設定のやり方は「Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]」を参照してください。


関連エントリ
PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:00 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ