Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painterの安全なコピー&ペースト方法(2/2)

この記事は、Painter11 を含む古いバージョンで有効です

Painterの安全なコピー&ペースト方法(1/2)の続きです。

Painterは、キャンバスとレイヤーは種類の異なるものとして内部で扱っているので、コピー方法が同じではありません。
以下はキャンバスに描かれた内容を、レイヤーにコピーする手段です。

キャンバスからレイヤーにコピーする方法

前提として、上位レイヤーには主線を、キャンバスには着色がされたレイヤー構成になっている(図2-1)とします。

painter6
〈図2-1 レイヤー構成〉
(その1)クローンコピーによるキャンバスの複製
(1-1) 新規レイヤーを作成(図2-2)。

painter10
〈図2-2 新規レイヤー作製〉

レイヤー作製のより詳細な方法は、『Painterで下書きからペン入れの方法[4/4]』の図29を参考にしてください。


(1-2) メニュー→ファイル→クローンソースで、現在開いているファイル名を指定する(図2-3)。

painter7
〈図2-3 クローンソース設定方法〉

今回は『ポニー.RIF』というファイルで保存していたので、これを選択します。


(1-3) (1-1)で作成した新規レイヤー「レイヤー1」を選択状態にし(図2-2の状態)、メニュー→編集→塗潰し(または、Ctrl+F)を実行。
Ver.9.5の場合、メニュー→効果→塗潰しを実行。

すると、塗潰しダイアログ(図2-4)が出るので、「塗潰し方法」にクローンソースを選択し(図2-4の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押下。

painter8
〈図2-4 塗潰しダイアログ〉

「レイヤー1」にキャンバスの内容がまるごとコピーされた状態になります(図2-5)。

painter11
〈図2-5 キャンバスの内容がレイヤーにコピーされた状態〉

レイヤーと違って、キャンバスは透明度の概念がないので、色を塗っていないペーパーカラー部分もその色としてコピーされます(この作例の場合では余白の部分)。
warning_32q補足1
(1-2)のクローンソースを指定する手順を行わないと、塗潰しダイアログの選択肢に「クローンソース」が出現しません
通常では、この部分に「パターン」が表示されます(図2-6の赤い丸で囲んだ部分)ので、注意してください。

painter9
〈図2-6 通常の塗潰しダイアログ表示〉
warning_32q補足2
キャンバスにデジタル水彩で描いた場合、未乾燥部分はクローンコピーできません。一旦乾燥コマンドを実行した後、描画内容をクローンコピーしてください


(その2)クローンコピーによる結合画像の複製
(2-1) 新規レイヤーを作成(図2-2)。

(2-2) メニュー→ファイル→クローンを実行し、現在表示されている画像レイヤーが統合された新規RIFファイル(以降、クローンファイルと呼称)を作製する(図2-7)。
painter13
〈図2-7 レイヤーを統合したクローンファイル〉

図のように、作製されたクローンファイルには、元ファイルの名前の頭に『クローン:』が付いたファイル名になっています。(図2-7の赤い丸で囲んだ部分)。
この作例の場合は、クローンファイルの名前が『クローン:ポニー.RIF』になっています。

(2-3) メニュー→ファイル→クローンソースで、(2-2)で作製したクローンファイルを指定する(図2-8)。

painter14
〈図2-8クローンファイルをクローンソースに設定〉

(2-4) (2-1)で作成した新規レイヤー「レイヤー1」を選択状態にし(図2-2の状態)、メニュー→編集→塗潰し(または、Ctrl+F)を実行。
Ver.9.5の場合、メニュー→効果→塗潰しを実行。

すると(1-3)の時と同様に、塗潰しダイアログ(図2-4)が出るので、「塗潰し方法」にクローンソースを選択し(図2-4の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押下。

「レイヤー1」にクローンファイルのキャンバスの内容(結合された画像内容)が、まるごと元ファイルのレイヤーに(RIFファイルを越えて)コピーされた状態になります(図2-9)。

painter16
〈図2-9 クローンファイルのキャンバスの内容がコピーされる〉

この際も、やはり色を塗っていないペーパーカラー部分もその色としてコピーされます(この絵の場合では余白の部分)。

この方法は、多数のレイヤーを1枚のレイヤーにまとめる最も安全な操作です。

統合させたいレイヤー群をレイヤーグループに入れ、そのレイヤーグループを複製し、グループ結合でもいいのですが、Painterは大きな画像サイズで多数のレイヤーがあるとメモリを消費し動作が不安定になりやすいです。
また以前も指摘した、レイヤー結合時の表示の問題もあるので(参考→『レイヤー結合の問題と対処法』)、出来ればこちらの統合方法をお勧めします。

欠点としては、レイヤーの透明度が無視されるので背景が透明なレイヤー統合画像が欲しい際には利用しづらいということです。
(ColorTalk機能で、レイヤーの白い部分を透明にする後処理を行うという奥の手もあるにはありますが)
warning_32q補足3 キャンバスからレイヤーに移す場合について
キャンバスの画像内容をレイヤーに移す場合は、『Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]』のペン入れ用下準備(1)を参考にしてください。

違いは、キャンバス上に画像内容が残っているかどうかだけです。

「キャンバスからレイヤーにコピーする方法」はキャンバスに画像が残り、ペン入れ用下準備(1)の方は画像が残りません。
warning_32q補足4 「結合部分をコピー」機能について
Ver.11で搭載された結合部分のコピー機能(メニュー→編集→結合部分をコピー)は、選択された部分内の、画像が統合された状態でコピー&新規レイヤーにペースト出来る機能です。

しかし、この機能もクリップボードエリア(=メモリの領域)を利用した機能ですので、大きい選択範囲や、何回も連続で使うと上手く動作しない時があります。
また不具合も確認したので、あまりお勧めするほど便利な機能になっていません。少し使ったりする分には便利な機能です。


関連エントリー
Painterのコピー&ペースト対策(1/2)
◆Painterのコピー&ペースト対策(2/2)
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:05 | Edit

レイヤー結合の問題と対処法

Painterの「レイヤー結合」(Ver.9.5では「グループ結合」)は、複数のレイヤーに描画していた内容を、1枚のレイヤーにまとめるものです。

しかし、Photoshopの「レイヤーの結合」機能とは違って、レイヤー結合前と結合後とでは結果の内容が異なることが多々あります。

レイヤー結合の問題(具体例)

例えば、図1のⅠとⅡのように、キャラクタの髪の部分をグラデーションで着色した2枚のレイヤーがあるとします。
グラデーション着色した2枚のレイヤー
〈図1 グラデーション着色した2枚のレイヤー〉

これらのレイヤー構造は、Ⅰのレイヤーが上、ⅡのレイヤーはⅠの直下にある状態となっています(図2)。
2枚のレイヤー構造
〈図2 2枚のレイヤー構造〉

ここから、上のレイヤーⅠの合成方法を「デフォルト」から「差の絶対値」に変え、不透明度を50%に変更します(図3)。
レイヤー合成方法の変更状態
〈図3 レイヤー合成方法の変更状態〉

結果、このような表示内容になります(図4)。
レイヤー合成方法を変更した表示結果
〈図4 レイヤー合成方法を変更した表示結果〉

それで、これら2枚のレイヤーをメニュー→レイヤー→レイヤーのグループ化(またはCtrl+G)を実行した後、メニュー→レイヤー→レイヤーの結合(またはCtrl+E、Ver.9.5ではCtrl+Shift+X)を実行し、レイヤーを1枚にまとめます。

すると、結合前(下図5のⅰ)と結合後(下図5のⅱ)では、表示される色が異なっています。
レイヤーの結合前と結合後
〈図5 レイヤーの結合前と結合後〉
(図は画面をキャプチャーしたものを比較)

結合前より、結合後の方が、ツインテールの向かって右の部分の色が、薄くなっているのが分かります。


この様な現象は頻繁に発生しますが、だからと言って「前と後で、必ず結合結果が違う」と言えません。
当該レイヤーに着色された色と、合成方法(レイヤーモード)や、不透明度に深く関係するので、仮に同じ合成方法でも、描画色によっては、結合前後で変わらない場合も結構あるのです。

対処方法(その1)

合成方法が「デフォルト」同士のレイヤー結合の場合は、間違いなく結果が同じになります。
不透明度が違っていても影響ありません。

レイヤーの結合を多用する場合、「乗算」や「フィルタ」などを使わず、全てのレイヤーを常に「デフォルト」で描いていくのが一番確実です。


色彩を学んでいる過程の人には、この方法をお薦めします。
むやみに後から「乗算」などを使って影を作ったりするのは(油絵におけるおつゆ塗りに相当)、色彩のコントロール能力を身につけにくくなる、という説もあったりするからです。
要するに、あらかじめ対象物の色をちゃんと作って(考えて)から着色する訓練だと思えばいいと思います。

対処方法(その2)

Photoshopファイル(*.psd)として別名保存し、Photoshopで開き直して、レイヤー結合します。

手軽でこれが一番お薦めです。
Photoshopは廉価版のElementsでも構いませんので、Photoshopで合成してしまうのが一番楽です。

ただし条件として、Photoshopを持っていること、が大前提の方法です。

対処方法(その3)

非常に手間がかかる方法ですが、Painterで結合前の見た目通りに合成する方法を示します。

(1) 合成するレイヤーをメニュー→レイヤー→レイヤーのグループ化(またはCtrl+G)。

(2) レイヤーグループの複製。
レイヤーグループを選択状態にし、メニュー→レイヤー→レイヤーを複製(または、右クリックで出るコンテキストメニューから複製)を実行。
複製したレイヤーグループ
〈図6 複製したレイヤーグループ〉

(3) 複製したレイヤーグループをキャンバスに固定。
レイヤーパレットのレイヤーコマンドボタンを押し、固定を実行(図7)。
レイヤーコマンドの一覧画面
〈図7 レイヤーコマンドの一覧画面〉

キャンバスにレイヤーグルーブの描画内容が固定されました(図8)。
キャンバスの内容
〈図8 キャンバスの内容〉

(4) 新規レイヤーを作成。
レイヤーの階層は、元の髪グループのある階層と同じでいいです。
分かりやすいように、レイヤー名を「結合したレイヤー」に変更しました(図9)。
新規レイヤー
〈図9 新規レイヤー〉

(5) メニュー→ファイル→クローンソースで、現在開いているファイル名にチェックが入っていることを確認(図10)。
クローンソースの確認
〈図10 クローンソースの確認〉

(6) (4)で作成した「結合したレイヤー」を選択状態にし、メニュー→編集→塗潰し(または、Ctrl+F)を実行。
Ver.9.5の場合、メニュー→効果→塗潰しを実行。
すると、塗潰しダイアログ(図11)が出るので、「塗潰し方法」にクローンソースを選択し(図11の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押下。
塗潰しダイアログ
〈図11 塗潰しダイアログ〉

「結合したレイヤー」にキャンバスの内容がまるごとコピーされた状態になります(図12)。
塗潰し結果状態
〈図12 塗潰し結果状態〉

髪以外の箇所も、白で塗り潰しコピーされているのがわかります。(図12では、分かりやすいように、レイヤーパレットのサムネイルを「大」に変更済み)

(7) 髪以外の部分の選択範囲を読み込み、白い部分を削除。
選択範囲の取り方は、以下の三通りの方法があります。

(7-1) グループコンテンツの選択を用いる方法(ver.11)
(1)で残しておいた髪のレイヤーグループを、Ctrl+クリックして選択範囲を取ります。その後、メニュー→選択→選択範囲の反転(またはCtrl+I)し、Backspaceキー押下。

(7-2) 透明度を用いる方法
(1)で残しておいた髪のレイヤー(単体)を右クリックし、コンテキストメニューから「透明度から選択」を実行し、選択範囲を取ります。
その後、メニュー→選択→選択範囲の反転(またはCtrl+I)し、Backspaceキー押下。
ver.11の場合は、該当レイヤーをCtrl+クリックして後、選択範囲を反転でもOKです。

(7-3) チャンネルを用いる方法
(1)~(2)のを実施せず、元の髪レイヤーの透明度から選択範囲を取り、あらかじめチャンネルに保存しておく。
メニュー→選択→選択範囲の読み込みを実行し、保存しておいた選択範囲(の反転)を読み込み、Backspaceキー押下。

今回のイラストの場合、以前に作成した髪チャンネルがあったので、これを使って削除しました。

実行した結果は図13の通りです。
白い部分を削除した結果状態
〈図13 白い部分を削除した結果状態〉

髪以外の白い部分が削除され、透明状態になりました

正直、こんな回りくどい方法は面倒以外のなにものでもないので、できればCORELにレイヤー結合の仕様がPhotoshopと同様、どんな合成方法や不透明度でも、結合前と結合後が必ず同じ表示状態になるようにしてほしいです


関連テキスト
便利な「グループコンテンツの選択」機能



この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 19:16 | Edit

Painterでのペン入れ(古い方法)

この記事は、Painter11 を含む古いバージョンで有効です

Painterで下書きからペン入れの方法[4/4]で、Painterでのペン入れのやり方を具体的に述べましたが、これはレイヤーを用いた、ごく標準的な方法でした。

他にも、細かいやり方が幾つかあるのですが、今回はレイヤーを全く用いない方法を述べます。

この方法は、クローン機能トレーシングペーパー機能を用います。
レイヤー機能を持っていない『PainterClassic』という、Painter5をベースにした廉価版ソフトで大変よく用いられていたものです。

今回は、下書きが完成し、ファイル保存した状態から始めます(図1)。
下書きまでの方法は「Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]」、[2/4][3/4]とまったく同じです。
下書きサンプル
〈図1 下書きサンプル〉



(1)メニュー→ファイル→クローン作成を実行。
図1のファイルと全く同じ画像ファイルが作成されます。
このファイルは、元ファイルの名前の頭に『クローン:』が付いたファイル名になっているはずです(図2)。
クローンファイル名
〈図2 クローンファイル名〉

以降、これを「クローンファイル」と呼びます。
念のため、クローンファイルも保存しておきます。

(2)メニュー→ファイル→クローンソースで、下書き元ファイルにチェックが入っていることを確認します(図3)。
クローンソースの確認
〈図3 クローンソースの確認〉

(3)クローンファイルの方を全消しします。
レイヤーパレットでキャンバスを選択し、メニュー→選択範囲→全て選択(またはショートカットコマンドCtrl + a)のあと、メニュー→編集→消去(またはBackspaceキー押下)

(4)クローンファイル側のトレーシングペーパー機能をオンにする。
メニュー→キャンバス→トレーシングペーパー実行。
または、画面右上のトレーシングペーパーボタン(図4の赤い丸で囲んだ部分)を押下。
トレーシングペーパーボタン
〈図4 トレーシングペーパーボタン〉

すると、クローンファイル上に、下書き画像が薄く表示されます(図5)。
トレーシングペーパー機能で表示された下書き
〈図5 トレーシングペーパー機能でクローンファイルに表示された下書き〉

これを元にクローンファイル上のキャンバスに、ペンカテゴリのスクラッチボードペン等で、ペン入れしていきます。
トレーシングペーパー機能でペン入れしていると、清書した主線も薄く表示されていますので、トレーシングペーパーを随時、表示したり消したりしたりして、キャンバスに描き込んだ線を確認してください。

(4)のどちらかを実行すれば、トレーシングペーパーの下書き表示のオン/オフを切り替えられます。

また、図4のトレーシングペーパーボタンを長押しすると、トレーシングペーパー表示濃度が%で表示されます(図6)。
トレーシングペーパー表示濃度リスト
〈図6 トレーシングペーパー表示濃度リスト〉

標準では50%が選択されています。
90%を選択すると薄く、10%を選択すると濃く表示されますので、ご自身の好きな濃さで表示してください。
下書きなので、80%程度がお薦めです。

ちなみに、Painter9.1以前のバージョンでは図6の様な表示濃度を選択する機能はなく、一律50%表示でした。
なので、これらのバージョンの場合、50%表示で下書き線が濃かったならば、下書き元ファイルを、選択色「白」で50%程度の不透明度で塗り潰すと、クローンファイルの下書き表示も、それに対応して薄くなり見やすくなります。

塗り潰しは、下書き元ファイル上でメニュー→効果→塗潰しを実行、塗潰し画面(図7)で、「塗潰し方法」に選択色を選択し、不透明度を50%程度に適宜変更し(図7の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押します。
塗潰し画面
〈図7 塗潰し画面〉


関連エントリー


この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:11 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ