Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

便利な「グループコンテンツの選択」機能

この記事は、Painter11 より新しいバージョンで有効です

Painter11を使ってて、Ver.9.5に無かった便利機能にグループコンテンツの選択があります。(Ver.Xで搭載されてたものなのかもしれない)

どういう機能かというと、レイヤーグループから不透明な部分を自動選択してくれる機能です。
レイヤー単体だけが対象の同様な機能なら、ver.8以降搭載されていました。


例えば、下記のような4枚のレイヤーのPainterのファイルの場合、
スカートのレイヤー構造
〈図1 スカートのレイヤー構造〉

これら4枚とも選択状態にし、メニュー→レイヤー→レイヤーのグループ化を実行し
て、レイヤーグループを作ります。

このレイヤーグループを選択状態にしてメニュー→選択→グループコンテンツの選択を実行すると、グループ内の各レイヤーの着色した領域の論理和、つまり合体した選択範囲が選択されます(図2)。
グループコンテンツの選択状態
〈図2 グループコンテンツの選択状態〉

もっと簡単に実行するには、レイヤーグループを選択後、Ctrl+クリックで図2の選択状態になります。
Ctrlボタンを押すと、カーソルの形状が変わるのでよく分かるはずです(図3)。
カーソルの変化
〈図3 カーソルの変化〉

Ctrl+クリックは、レイヤー単体でも同様の処理を行いました
なのでメニューから実行するより、こちらの方がかなり楽だと思います。

Ver.9.5の場合、この機能がないので、各レイヤーのコンテキストメニューの「レイヤーの透明度を選択」を実行し(図4)、着色した領域の選択範囲を作ってください。
レイヤーのコンテキストメニュー
〈図4 レイヤーのコンテキストメニュー〉

具体的な使い方というと、各パーツ毎に地塗りしたレイヤーをグループ化しておいて、必要に応じて選択範囲(の反転)をとって、余分な所を削除する……などが考えられます。
この方法だと、クリッピングマスクに近い処理ができるのではないでしょうか(手動クリッピングマスク的な)。

要するに、これがあれば、チャンネルを作って保存する必要がかなり減って、便利ってことです。

この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(6)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 13:10 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ