Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painterでのペン入れ(古い方法)

この記事は、Painter11 を含む古いバージョンで有効です

Painterで下書きからペン入れの方法[4/4]で、Painterでのペン入れのやり方を具体的に述べましたが、これはレイヤーを用いた、ごく標準的な方法でした。

他にも、細かいやり方が幾つかあるのですが、今回はレイヤーを全く用いない方法を述べます。

この方法は、クローン機能トレーシングペーパー機能を用います。
レイヤー機能を持っていない『PainterClassic』という、Painter5をベースにした廉価版ソフトで大変よく用いられていたものです。

今回は、下書きが完成し、ファイル保存した状態から始めます(図1)。
下書きまでの方法は「Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]」、[2/4][3/4]とまったく同じです。
下書きサンプル
〈図1 下書きサンプル〉



(1)メニュー→ファイル→クローン作成を実行。
図1のファイルと全く同じ画像ファイルが作成されます。
このファイルは、元ファイルの名前の頭に『クローン:』が付いたファイル名になっているはずです(図2)。
クローンファイル名
〈図2 クローンファイル名〉

以降、これを「クローンファイル」と呼びます。
念のため、クローンファイルも保存しておきます。

(2)メニュー→ファイル→クローンソースで、下書き元ファイルにチェックが入っていることを確認します(図3)。
クローンソースの確認
〈図3 クローンソースの確認〉

(3)クローンファイルの方を全消しします。
レイヤーパレットでキャンバスを選択し、メニュー→選択範囲→全て選択(またはショートカットコマンドCtrl + a)のあと、メニュー→編集→消去(またはBackspaceキー押下)

(4)クローンファイル側のトレーシングペーパー機能をオンにする。
メニュー→キャンバス→トレーシングペーパー実行。
または、画面右上のトレーシングペーパーボタン(図4の赤い丸で囲んだ部分)を押下。
トレーシングペーパーボタン
〈図4 トレーシングペーパーボタン〉

すると、クローンファイル上に、下書き画像が薄く表示されます(図5)。
トレーシングペーパー機能で表示された下書き
〈図5 トレーシングペーパー機能でクローンファイルに表示された下書き〉

これを元にクローンファイル上のキャンバスに、ペンカテゴリのスクラッチボードペン等で、ペン入れしていきます。
トレーシングペーパー機能でペン入れしていると、清書した主線も薄く表示されていますので、トレーシングペーパーを随時、表示したり消したりしたりして、キャンバスに描き込んだ線を確認してください。

(4)のどちらかを実行すれば、トレーシングペーパーの下書き表示のオン/オフを切り替えられます。

また、図4のトレーシングペーパーボタンを長押しすると、トレーシングペーパー表示濃度が%で表示されます(図6)。
トレーシングペーパー表示濃度リスト
〈図6 トレーシングペーパー表示濃度リスト〉

標準では50%が選択されています。
90%を選択すると薄く、10%を選択すると濃く表示されますので、ご自身の好きな濃さで表示してください。
下書きなので、80%程度がお薦めです。

ちなみに、Painter9.1以前のバージョンでは図6の様な表示濃度を選択する機能はなく、一律50%表示でした。
なので、これらのバージョンの場合、50%表示で下書き線が濃かったならば、下書き元ファイルを、選択色「白」で50%程度の不透明度で塗り潰すと、クローンファイルの下書き表示も、それに対応して薄くなり見やすくなります。

塗り潰しは、下書き元ファイル上でメニュー→効果→塗潰しを実行、塗潰し画面(図7)で、「塗潰し方法」に選択色を選択し、不透明度を50%程度に適宜変更し(図7の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押します。
塗潰し画面
〈図7 塗潰し画面〉


関連エントリー


この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:11 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ