Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[2/2]

[1/2]からの続きです。

選択範囲の追加と削除

現時点で、選択漏れの箇所や、顔の他にも耳、首などの肌の領域を追加したいので(図2-1)、選択範囲に追加することにします。
選択範囲に追加したい領域
〈図2-1 選択範囲に追加したい領域〉

選択マーカーが表示されている状態で、追加したい領域をShiftキー + クリック。すると、現在の選択範囲に追加されます。

逆に選択範囲から領域を外す場合は、Altキー + クリックします。


狭い領域では、誤って違う場所をクリックしやすいので、追加や削除をする場合は、該当箇所の画面を拡大表示しておく方が無難です。
誤った場所をクリックした時は、Ctrl+Zでやり直ししてください。


一応プロパティでも追加と削除ボタンがありますが(図2-2)、上記の方が手軽だと思います(特に追加する方)。
念のため補足しておくと、図2-2の赤い丸で囲んだ部分のボタンが追加モードで、青い丸で囲んだ部分のボタンが削除モードに切り替えるものです。
マジックワンドのプロパティ
〈図2-2 マジックワンドのプロパティ〉

選択範囲を追加した結果が図2-3です。
追加された選択範囲
〈図2-3 追加された選択範囲〉

選択範囲の拡大

図2-3では、選択された領域と主線の間にはわずかな隙間がある状態です。下地として機能させるには隙間があるのは良くないので、これを埋めるために選択範囲を拡大し太らせます

(1) 図2-3の状態のままメニュー→選択範囲→選択範囲の変換を実行。
すると(Painterが内部演算しやすくするために)パスベースの選択範囲にモード変換します(図2-4)。
このモードでは、図2-4の赤い丸で囲まれた8つのポイントが追加表示されます。
変換された選択範囲
〈図2-4 変換されたパスベースの選択範囲〉

(2) メニュー→選択範囲→選択範囲の調整→拡大を実行。
選択範囲の拡大ウィンドウがでるので、ここで太らせるピクセル数を入力しOKボタン押下。
大抵の場合は1もしくは2を入力すれば十分です。今回は2を入力しました(図2-5)。
選択範囲の拡大ウィンドウ
〈図2-5 選択範囲の拡大ウィンドウ〉

領域が2ピクセル分、太ります(図2-6)。隣接していた部分では、領域が合体した箇所もあります。
選択範囲拡大の実行結果
〈図2-6 選択範囲拡大の実行結果(左・選択状態、右・選択範囲を着色した状態)〉
warning_32q補足
上記(1)にある「選択範囲の変換」を実行しないと、選択範囲の調整のサブメニューにある「拡大」がグレイアウトして実行できません。注意してください。

下地レイヤーの作成

新規レイヤーを作り、現在の選択範囲で塗り潰して、下地レイヤーを作ります。

(1) レイヤーパレットの新規レイヤーボタン(図2-7の赤い丸で囲んだ部分)を押し、新規レイヤー「レイヤー1」を作成(Shift+Ctrl+N)。
レイヤーパレット内の新規レイヤーボタン
〈図2-7 レイヤーパレット内の新規レイヤーボタン〉

(2) 「レイヤー1」を「顔ベース」にレイヤーの名前を変更。
(3) 「顔ベース」レイヤーの透明度がロックされていないことを確認し、メニュー→編集→塗潰し(Ctrl+F)を実行。
レイヤー上で選択範囲が塗り潰された結果
〈図2-8 レイヤー上で選択範囲が塗り潰された結果〉

(4)細部の調整。
眉毛、目、鼻や口の描線部分に塗り残しがあるので、「ペン」カテゴリの「べた塗りブラシ」(図2-9)で塗り潰します。
ペンカテゴリのべた塗りブラシ
〈図2-9 ペンカテゴリのべた塗りブラシ〉

結果、このような状態になりました(図2-10)。
加筆した状態
〈図2-10 加筆した状態〉

この顔ベースレイヤーが、主線レイヤーの直下になるよう、レイヤーパレット内をドラッグで移動させて(図2-11)、更に細部の確認をします。
レイヤー移動後の状態
〈図2-11 レイヤー移動後の状態〉

細部を拡大し、肌の領域よりはみ出した部分は消し、隙間があった場合は塗って修正していきます(図2-12)。
下地レイヤーの修正作業図
〈図2-12 下地レイヤーの修正作業図〉

この作業は大変地味ですが、後々楽をするためにも丁寧に行ってください。

(5) 下地レイヤーの色を変更。
(5-1) 下地レイヤーを選択し、レイヤーパレットの「透明度ロック」のチェックボックスをオンにする。
(5-2)好きな色を選択し、メニュー→編集→塗潰し(Ctrl+F)を実行(図2-13)。
色変更の結果
〈図2-13 色変更の結果〉

塗り潰しの際に「選択色」ではなく「グラデーション」を設定すると、こんな感じにも変更できます(図2-14)
グラデーションで変更した結果
〈図2-14 グラデーションで変更した結果〉

Ver.9.5との比較

この作業一連はPainter11で行いましたが、同じ主線を使って、同様の操作をPainter9.5で行っても同じ結果になりません。

どの工程で異なってくるのかというと、上記の「選択範囲の拡大」の工程です。
Painter9.5の演算精度が甘く、適切な拡大ができないのです(図2-15)。
Painter9.5での結果
〈図2-15 Painter9.5で選択範囲の拡大を実行した結果〉

図2-15では拡大の結果、意図しない部分に選択範囲が飛び出しています。

これはまだましな方で、イラストによっては四方に飛び出しが発生したりしてました。
と言うわけで、Painter11ではマジックワンドツールや選択範囲の拡大が改良されてるのが分かります。

正直なところ、PainterのマジックワンドツールはPhotoShopと比較しても精度が悪く、このような下地レイヤーを効率的に作る作業に全く向きませんでした。Painter11では改良されて、使える機能になったのは重畳な事だと思います。


関連エントリー
Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[1/2]
◆Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[2/2]

便利な「グループコンテンツの選択」機能


この作例は、サイト「キタユメ。」のアバウトキタユメ。に書かれている「二次創作について」に基づき、『AXIS POWERS ヘタリア』の登場キャラクター「日本」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 09:00 | Edit

Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[1/2]

日本のコミック系イラストは、まず人物やモチーフをパーツ分け(細分化)し、そのパーツ分けした領域ごとに着色を行うという手法が一般的です。
この手法では、主線のペン入れが終わった後、つまり色を塗る前に下準備として、パーツ分けした下地レイヤーを制作する必要があります。

この方法の一つが、以前記事に書いた「チャンネル(マスク)を使った着色下地の作り方」なのですが、今回は主線レイヤーからマジックワンドツール(自動選択機能)を使った下地レイヤーの作成方法を説明します。

今回も、線画が主線レイヤーとして既に作られている状態から始めます(図1-1、図1-2)。
主線レイヤーに描かれた絵
〈図1-1 主線レイヤーに描かれた絵(白い部分は透明)〉
現在のレイヤー構成
〈図1-2 現在のレイヤー構成〉

なお、主線レイヤーの作り方は、Painterで下書きからペン入れの方法[4/4]を参考にしてください。

マジックワンドの使い方

(1) ツールボックスのマジックワンドツール(図1-3の赤い丸で囲んだ部分)をクリック。
カーソルがマジックワンドのアイコンに変化します。
ツールボックス内のマジックワンドツール
〈図1-3 ツールボックス内のマジックワンドツール〉

(2) 顔の部分をクリック(図1-4)。
クリック箇所
〈図1-4 クリック箇所〉

顔面部分の領域を選択するためなので、顔の中央をクリックしました。するとクリックした箇所から地続きの部分が、選択された状態になります(図1-5)。
なお、図1-5で見られる点滅する線のことを、Painterでは「選択マーカー」といいます。
地続きの領域が選択された状態
〈図1-5 地続きの領域が選択された状態〉

現在選択されている範囲が分かりやすいように、領域を任意の色で塗り潰すと図1-6になります。(見やすくするために行っているだけで、実際の作業では必要ありません)
選択範囲を着色した状態
〈図1-6 選択範囲を着色した状態〉

これは、マジックワンドのプロパティ値が標準のままで実行した結果です。

プロパティの「許容値」を標準値の32から87に変更して(図1-7の赤い丸で囲んだ部分)、(2)と同様の操作を行うと、実行結果が変わります(図1-8)。
マジックワンドのプロパティ
〈図1-7 マジックワンドのプロパティ(許容値変更後)〉
許容値を変更した実行結果
〈図1-8 許容値を変更した実行結果(左・選択状態、右・選択範囲を着色した状態)〉

比較すると分かる様に、許容値を大きくするとクリックしたポイントとの地続き判定が甘くなり、結果、広い領域を選択する様になります。逆に値を0に近づけると判定が厳しくなり、選択される領域が狭まる様になります。

望む領域に近い範囲を自動選択するためには、許容値を適宜変更し調整して実行するようにしてください。描かれた線画の画風によって適正値がかなり変わってしまうからです。
余り値を大きくすると、意図しない領域まで選択してしまいます(図1-9)。
許容値120で実行した結果
〈図1-9 許容値120で実行した結果〉

領域選択をやり直す場合は、
  • Ctrl+Z(やり直し)
  • Ctrl+D(選択解除)
  • メニュー→選択→選択解除実行
これらいずれかで行います。個人的にはCtrl+Dのショートカットで選択範囲を解除する方が便利だと思います。

[2/2]に続く


関連エントリ
◆Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[1/2]
Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[2/2]

便利な「グループコンテンツの選択」機能


この作例は、サイト「キタユメ。」のアバウトキタユメ。に書かれている「二次創作について」に基づき、『AXIS POWERS ヘタリア』の登場キャラクター「日本」を描いたものです
  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:05 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ