Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painter2016で下書きからペン入れの方法[2/7]

[1/7]からの続きです。

ラフを描く

(1) 新規キャンバスの作成。
メニューのファイル→新規を実行。好きなキャンバスサイズを入力してOKボタンを押下。
ここでは幅1800 ピクセル、高さ3200ピクセル、解像度150、ペーパーカラー白、テクスチャはベーシックペーパーを選択してます(図2-1)。

05
〈図2-1 新規ファイルダイアログ〉

(図2-1の画面で設定する「解像度」についての詳しい説明は「Painterの解像度について」を参考のこと)

(2) 描画ブラシの選択
好きな色を選択し、ブラシセレクタ(図2-2)のペンと鉛筆カテゴリの「スクラッチボード」を選択。

Image19
〈図2-2 ブラシセレクタのスクラッチボード画面〉

キャンバス上に思うままに落書きします。

このブラシは、ペンタブレットで軽く描くと薄い線が、力を入れて描くと濃い線が出るはずです。

ここで筆圧がいまいちだなと思ったら、前述の下準備作業をもう一度行ってください。特に思い通りの「入り」や「抜き」ができるためには、ブラシトラッキング機能の調節が重要です。

場合によっては、タブレットドライバの設定を標準に戻した上で改めて、ブラシトラッキングの設定をしてもいいと思います。

warning_32q 補足1 ブラシの較正機能での方法
各ブラシ毎に、筆圧や描画スピード反応の調整をし保存したい場合は、「ブラシの較正」を使ってください。前述のブラシトラッキングと同様のやり方で調整できます

(1) メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロールパネル→ブラシの較正をクリック。

(2) ブラシの較正パネルにある「ブラシの較正を有効にする」のチェックボックスをオンにする(図2-3の赤いマルで囲んだ部分)。

04_1
〈図2-3 ブラシの較正パネル画面〉

(3) ブラシの較正パネルにあるブラシ較正設定 ボタン(図2-3の青い丸で囲んだ部分)をクリック。

(4) ブラシトラッキング上(図2-4)で試し書き。

Image21_2
〈図2-4 ブラシのトラッキング画面〉

この時、「現在のブラシバリアントへの適用」はチェック状態になっています(図2-4の赤い丸で囲んだ部分)。

(5) OKボタン押下。
warning_32q 補足2 ブラシ較正と環境設定のブラシトラッキング
ブラシの較正機能で調整された筆圧などは、環境設定のブラシトラッキングで設定した値を上書きします。
つまり、ブラシの較正機能が有効な場合は、こちらの値が優先され、無効の場合は、ブラシトラッキングの設定が使われます。
warning_32q 補足3 ブラシトラッキングのバリアント適用
環境設定から呼び出したブラシトラッキング([1/7]参照)でも、「現在のブラシバリアントへの適用」をチェックすれば、その際に選択されているブラシバリアントに、筆圧や描画スピード反応が適用されるようになりました。




Painterのブラシは、必ず上記の「スクラッチボード」でなければいけない訳ではありません。他にもシンプルカテゴリの「鉛筆(2B)」(図2-5)、ペンと鉛筆カテゴリの「シャープペンシル」(図2-6)などを利用しても描きやすいと思います。

Image12_2
〈図2-5 シンプルカテゴリの鉛筆(2B)〉

Image22
〈図2-6ペンと鉛筆カテゴリのシャープペンシル〉

caution補足3
上記のスクラッチボードや鉛筆(2B)で描いていて、Painter2016の動作が重いならば、メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロールパネル→一般をクリックし、このパネルにある「マルチコア」のチェックを必ず外すようにしてください(図2-7の赤い丸で囲んだ部分)。

Image3_2
〈図2-7 ブラシコントロールパネルの一般画面〉

各々ブラシバリアントや各PCの環境によるので一概に言えませんが、上記に列挙したブラシバリアントについては、マルチコアのチェックを外した方が良いです。

→参考:Painter12の快適なマルチコア設定について


(3) ラフ描き
ここではわかりやすいようにマンガーニーズブルーで描きました。使用したブラシは、不透明度50%に変更したスクラッチボード(図2-8)です。

シュラ00
〈図2-8 ラフサンプル画面〉

描いた線を消す場合は、ツールバーにある消しゴムツール(図2-9の赤い丸で囲んだ部分)で消してください。

Image6_2
〈図2-9 消しゴムツール〉

ブラシセレクタ(図2-2)の消しゴムカテゴリの中から「全てのハードエッジを消去」や「全てのソフトエッジを消去」ブラシあたりを、サイズを変えながら使っても良いです。

上記に挙げた消しゴムツールと、消しゴムブラシバリアントは内部的には同じ処理を行うものです。(特殊レイヤーである水彩レイヤーであろうが、リキッドインクレイヤーであろうが、レイヤー種類を無視して消す機能)

消しゴムカテゴリの「ブロック消しゴム」は、古くからある通常レイヤーに描画された内容のみを消すブラシバリアントです。

Painterの機能上、数種の消しゴムがあるのですが、経験上、利便性を重視したいならば前者の消しゴムツール「全ての~」を、Painter動作の安定性を重視したいならば後者の消しゴムブラシを使うことをお奨めします。

warning_32q補足4 消しゴムの種類
Painterには、レイヤー種類毎に専用の消しゴム機能を持ったブラシバリアントがあります(従来のもの)。消しゴムツールや「全ての~」のブラシバリアントは、レイヤー種別に関わらず消すという機能のものです。

→参考:Painterでのレイヤーの種類について[1/3] [2/3][3/3]



一気に全消ししたい場合は、メニュー→選択範囲→全て選択(またはショートカットコマンドCtrl + a)のあと、メニュー→編集→消去(またはBackspaceキー押下)で、実現できます。
(描画内容の全消しコマンドはありません。)


(4) ファイル保存
きりがいいので、一旦ここでRIFでファイル保存します。

RIFとは、Painterの独自の保存形式です。通常、Painterの作業中にファイル保存する場合は、このRIF形式で保存します

今後、特に「保存する」ということをいちいち書きません。
便宜、きりの良いところでこまめに保存してください。

特に連番保存オススメ。メニュー→ファイル→連番保存で実行できます。

Painterでは、「保存」こそ最も重要です。



カスタムパレットの設定

ブラシセレクタ(図2-2)から、いちいちブラシを選択するのは面倒なので、よく使うブラシや消しゴムブラシをまとめてカスタムパレットに登録しておきます。

カスタムパレットの作り方
(1)ブラシセレクタのブラシアイコンを、Shiftキーを押しながらドラッグ&ドロップ
すると、自動で新しいカスタムパレットが作成されます(図2-10、図2-11)。

Image8_2
〈図2-10 カスタムパレット作成〉

Image23
〈図2-11 新規作成されたカスタムパレット〉

一つのカスタムパレットには、複数のブラシやコマンドを登録できます。

追加する場合には、追加したいカスタムパレット上に、ブラシアイコンを同様にShiftキーを押しながらドラッグ&ドロップします。

また、カスタムパレット自体を複数作ることができます。

その際は、先に作ったカスタムパレット以外の場所に、ブラシアイコンをShiftキーを押しながらドラッグ&ドロップします。複数作ったカスタムパレットは、タブパネルを一つにまとめることもできます(図2-12)。

Image24
〈図2-12 パネルをまとめたカスタムパレット〉

カスタムパレットの名称変更
カスタムパレットの名前は、標準で「カスタムパレット1」や「カスタムパレット2」などと名前が付いていますが、オーガナイザで変更可能です(図2-12)。

(1) メニュー→ウィンドウ→カスタムパレット→オーガナイザをクリック。

オーガナイザダイアログで、変更したいカスタムパレットを選択した後、名前変更ボタン(図2-13の赤いマルで囲んだ部分)で変更できます。

Image9_2
〈図2-13 カスタムパレットのオーガナイザ画面〉

また、作成したカスタムパレット自体の削除も、オーガナイザ上の削除ボタンで行います。

カスタムパレットのアイコン変更
カスタムパレットのアイコン画像は、標準で図2-11のようなワイドアイコンです。
これを従来のような正方形のアイコンに変えるには、変えたいアイコン上で右クリックをし、カスタムパレットアイコンのコンテキストメニューから「アイコンの表示」を選択します(図2-14)。

Image24_2
〈図2-14 カスタムパレットアイコンのコンテキストメニュー〉

このコンテキストメニューから、アイコン画像の変更をしたり、画像を使わないテキストボタンに切り替えたりできます。

従来のような、アイコンにブラシカテゴリの画像を設定する(図2-12)には、メニュー→編集→環境設定→インターフェイス→カスタムパレットのブラシアイコンで「アイコン」を選択、変更してください(図2-15の赤く囲まれた部分)。また、上記の「カスタムアイコンの設定」を使って、画像を差し替えることも可能です。

Image30_2
〈図2-15 カスタムパレットのブラシアイコン設定〉

カスタムパレットアイコンの削除は、アイコンをShiftキーを押しながらカスタムパレット外にドラッグ&ドロップしてください。


[3/7]に続く



関連エントリ

Painter2016で下書きからペン入れの方法[1/7]【下準備作業】
◆Painter2016で下書きからペン入れの方法[2/7]【ラフを描く】【カスタムパレットの設定】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[3/7]【ラフ修正作業(キャンバスサイズの変更)】【ラフ修正作業(画像の変形)】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[4/7]【ペン入れ用下準備】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[5/7]【無地テクスチャの作成】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[6/7]【ペン入れ】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]【主線のレイヤー化(線画の抽出)】



この作例は、集英社から刊行されている加藤和恵著「青の祓魔師」に登場するキャラクター「霧隠シュラ」を元に描いたものです。著者および出版社とは無関係であり、その権利を侵害する意図はございません。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:17 | Edit

Painter12の快適なマルチコア設定について

以前、Painterの動作を軽くするためのアイデアを「Painterを快適に使う12の方法」としてまとめました。今回は、その記事のPainter12追加版です。

しかし、「Painterを快適に使う12の方法」の内容でも、ver.12で有効なものが有るので、Painterの動作が重い場合は、この記事と併せて参考にしてください。

→参考:ADDRESSING BRUSH LAG IN SERVICE PACK 1
(ブログ CAROLINE'S PAINTER INSIGHTS より)

1. Painterが使用するマルチコア数を減らす

メニュー→編集→環境設定→パフォーマンス画面(図1)にある「マルチコアの使用」の設定値(図1の赤い四角で囲んだ部分)に、CPUが持っている全コア数を指定しないこと。

パフォーマンス画面
(図1 環境設定のパフォーマンス画面)

例えば、CPUが物理的に4コア持っていて、(インテル社のHT機能のような)仮想コア機能も持っている場合は、Painterは全部で8コア存在しているとみなします。
その場合、「マルチコアの使用」の値は最大でも『7』を設定し、決して限界値の『8』に設定しないでください。
この場合、減らした1コアは、OSが使う分に回されます。

また、他のソフトウェアを同時起動させてPainterを使用する場合は、そのソフトウェアが使うCPUコアが必要となるため、Painterに割かれるコア数を更に減らす必要があります。

Painterの処理で全てのコアを占領してしまうと、OSその他の処理が滞り、結果、全体の速度低下を起すようです。(自分はシングルコア(仮想含め2コア)環境なので、精密に検証した訳ではありません)
warning_32q補足1
「マルチコアの使用」設定はPainter12.1で搭載されました。なので12.1のパッチを当てないと、設定箇所自体が存在しません。
Painter12 アップデータダウンロード(公式)

2. ブラシバリアントのマルチコア設定を適切にオン/オフする

Painter12では、各ブラシバリアント毎にマルチコア処理を する / しない という設定が出来るようになりました。
この設定はブラシコントロールパネルの一般にあります(図2)。

メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロールパレット→一般をクリック。

一般パレット
(図2 ブラシコントロールパレットの一般パネル)

インストール直後は、全てのブラシバリアントでマルチコア設定がチェック(有効)状態になっています(図2の赤い丸で囲んだ部分)。


マルチコア処理を有効にすると、CPUの演算処理が各コアに分散されるために演算が速く終了し、結果ソフトウェアの動作が軽くなるのが一般的です。
しかしPainter12のブラシバリアントでは、マルチコア処理をすると、オーバーヘッド作業で逆に動作が重くなるブラシが一部に存在します。
また、同じブラシバリアントでも、マルチコア処理にして描画速度が速くなる場合と、そうでない場合があるので、使いどころを見極めないといけません。

これらの2点の見極めのためには、ブラシバリアントの性質を少し知っておく必要があります。
(2-1) 描点の種類による大まかな分類
一般パネル(図2)で、「描点の種類」のリストをクリックすると(図3)一覧が表示されます。

描点の種類のリスト
(図3 描点の種類のリスト)

リストに列挙された描点の種類について、Painterに機能として搭載された時期で大きく三つに分けることができます。

(表1 描点の種類による分類)
グループA(古い)グループB(やや新しい)グループC(新しい)
円形キャメルヘアーリキッドインク系
1ドットフラット水彩系
ブリスルパレットナイフ混色系
取り込みブリスルスプレーアーティストオイル
消しゴムエアブラシ
レンダリングされた円形(※)エアブラシ (ピクセル)
エアブラシ (線状)
エアブラシ (線状)
レンダー

(2-2) 各グループ毎の特徴
グループAは、ドットや画像の連続によって描線を表示するというやり方を採用しているブラシバリアント群です(図4)。このやり方はPhotoshopやSAIでも採用されている定番の(古典的な)描画方法でもあります。
ドットの連続による描画イメージ
(図4 ドットの連続による描画イメージ)

グループAは、マルチコア設定の恩恵をあまり受けないブラシバリアントと考えてください。特に円形消しゴムに設定されているブラシバリアントはマルチコア設定をオフにしても問題ないです。

グループBについては、メモリ上でシミュレート演算を行った後に実際に描画する(レンダリング処理)、という性質をもったブラシバリアントです。

グループCについては、これらはPainterの中でも、さらに特殊で複雑な演算を行って描画しているブラシバリアント群です。

グループBグループCについては、マルチコア設定の恩恵を受けやすいブラシバリアントです。


と、まとめておいてなんですが、事はそんなに単純ではなくて、グループAのブリスルに設定してても、
  • 手法 「水彩
  • サブカテゴリ 「リアルウェット○○
になると、マルチコア設定オンの方が動作が軽くなります。
また例え、グループA円形でも、400を越えるような巨大なブラシサイズで描画するならば、マルチコア設定をオンにした方が動作が軽くなります。

グループBグループCでもアーテイストオイルは、ブラシサイズが小さいのならばマルチコア設定を切った方が動作が軽くなりやすいです。
グループCのリキッドインク系や水彩系などは印刷解像度のキャンバスサイズで使用するならば、マルチコア設定をオンにした方が描画速度が速くなると思われます。
(2-3) 結論
これらCPUに演算負荷がかかる状況は、実際に使うPC環境によって変わります。
なので、一概に「この値にした方がいい」と言うことができません。
各自、各々のブラシバリアントを使って、マルチコア設定のオン/オフを試して、動作が重ければ設定を外すといった試行錯誤をし、動的に運用した方がいいです。

円形や消しゴムで、ブラシサイズが小さい場合の用途ではマルチコア設定を切りましょう。
代表的なバリアント名で言えば、ティントカテゴリの標準丸筆(図5)やパステルカテゴリのオイルパステル(図6)、消しゴムカテゴリの消しゴム(図7)等がそれです。

009
(図5 ティントカテゴリの標準丸筆)

008
(図6 パステルカテゴリのオイルパステル)

010
(図7 消しゴムカテゴリの消しゴム)

warning_32q補足2
(※)…「レンダリングされた円形」は、Painter12で搭載されました。グループAの中では複雑な処理をしている部類なので、グループAのその他のものよりも、演算処理に負荷がかかります。


関連エントリ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:15 | Edit

Painter12で下書きからペン入れの方法[2/7]

[1/7]からの続きです。

ラフを描く

(1) 新規キャンバスの作成。
メニューのファイル→新規を実行。好きなキャンバスサイズを入力してOKボタンを押下。
ここでは幅1800 ピクセル、高さ3200ピクセル、解像度150、ペーパーカラー白、テクスチャはベーシックペーパーを選択してます(図2-1)。

05
〈図2-1 新規ファイルダイアログ〉

(図2-1の画面で設定する「解像度」についての詳しい説明は「Painterの解像度について」を参考のこと)

(2) 描画ブラシの選択
好きな色を選択し、ブラシセレクタ(図2-2)のエアブラシカテゴリの「細目エアブラシ」を選択。

06
〈図2-2 ブラシセレクタの細目エアブラシ画面〉

キャンバス上に思うままに落書きします。

このブラシは、ペンタブレットで軽く描くと細い線が、力を入れて描くと太い線が出るはずです。

ここで筆圧がいまいちだなと思ったら、前述の下準備作業をもう一度行ってください。特に思い通りの「入り」や「抜き」ができるためには、ブラシトラッキング機能の調節が重要です。

場合によっては、タブレットドライバの設定を標準に戻した上で改めて、ブラシトラッキングの設定をしてもいいと思います。

warning_32q 補足1 ブラシの較正機能での方法
各ブラシ毎に、筆圧や描画スピード反応の調整をし保存したい場合は、「ブラシの較正」を使ってください。前述のブラシトラッキングと同様のやり方で調整できます

(1) メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロールパネル→ブラシの較正をクリック。

(2) ブラシの較正パネルにある「ブラシの較正を有効にする」のチェックボックスをオンにする(図2-3の赤いマルで囲んだ部分)。

04_1
〈図2-3 ブラシの較正パネル画面〉

(3) ブラシの較正パネルにあるブラシ較正設定 ボタン(図2-3の青い丸で囲んだ部分)をクリック。

(4) ブラシトラッキング上(図2-4)で試し書き。

01_1
〈図2-4 ブラシのトラッキング画面〉

(5) OKボタン押下。
warning_32q 補足2 ブラシ較正とブラシトラッキング
ブラシの較正機能で調整された筆圧などは、環境設定のブラシトラッキングで設定した値を上書きします。
つまり、ブラシの較正機能が有効な場合は、こちらの値が優先され、無効の場合は、ブラシトラッキングの設定が使われます。




Painterのブラシは、必ず上記の「細目エアブラシ」でなければいけない訳ではありません。他にも鉛筆カテゴリの「鉛筆(塗潰し)」(図2-5)、ペンカテゴリの「スムーズ丸ペン」(図2-6)や同カテゴリの「スクラッチボード」(図2-7)などを利用しても描きやすいと思います。

17
〈図2-5 鉛筆カテゴリの鉛筆(塗潰し)〉
18
〈図2-6 ペンカテゴリのスムーズ丸ペン〉
19
〈図2-7 ペンカテゴリのスクラッチボード〉

caution補足3
上記の細目エアブラシやスクラッチボードで描いていて、Painter12の動作が重いならば、メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロールパネル→一般をクリックし、このパネルにある「マルチコア」のチェックを必ず外すようにしてください(図2-8の赤い丸で囲んだ部分)。

21
〈図2-8 ブラシコントロールパネルの一般画面〉

各々ブラシバリアントや各PCの環境によるので一概に言えませんが、上記に列挙したブラシバリアントについては、マルチコアのチェックを外した方が良いです。

→参考:Painter12の快適なマルチコア設定について


(3) ラフ描き
ここではわかりやすいようにマンガーニーズブルーで描きました。使用したブラシは、不透明度50%に変更したスクラッチボード(図2-9)です。

シュラ00
〈図2-9 ラフサンプル画面〉

描いた線を消す場合は、ツールバーにある消しゴムツール(図2-10の赤い丸で囲んだ部分)で消してください。

12_1
〈図2-10 消しゴムツール〉

ブラシセレクタ(図2-2)の消しゴムカテゴリの中から「消しゴム(フラット)」や「ブロック消しゴム」ブラシあたりを、サイズを変えながら使っても良いです。

経験上、利便性を重視したいならば前者の消しゴムツールを、Painter動作の安定性を重視したいならば後者の消しゴムブラシを使うことをお奨めします。

一気に全消ししたい場合は、メニュー→選択範囲→全て選択(またはショートカットコマンドCtrl + a)のあと、メニュー→編集→消去(またはBackspaceキー押下)


(4) ファイル保存
きりがいいので、一旦ここでRIFでファイル保存します。

RIFとは、Painterの独自の保存形式です。通常、Painterの作業中にファイル保存する場合は、このRIF形式で保存します

今後、特に「保存する」ということをいちいち書きません。
便宜、きりの良いところでこまめに保存してください。

特に連番保存オススメ。メニュー→ファイル→連番保存で実行できます。

Painterでは、「保存」こそ最も重要です。



カスタムパレットの設定

ブラシセレクタ(図2-2)から、いちいちブラシを選択するのは面倒なので、よく使うブラシや消しゴムブラシをまとめてカスタムパレットに登録しておきます。

カスタムパレットの作り方
(1)ブラシセレクタのブラシアイコンを、Shiftキーを押しながらドラッグ&ドロップ
すると、自動で新しいカスタムパレットが作成されます(図2-11、図2-12)。

image_000003_1
〈図2-11 カスタムパレット作成〉

14
〈図2-12 新規作成されたカスタムパレット〉

一つのカスタムパレットには、複数のブラシやコマンドを登録できます。

追加する場合には、追加したいカスタムパレット上に、ブラシアイコンを同様にShiftキーを押しながらドラッグ&ドロップします。

また、カスタムパレット自体を複数作ることができます。

その際は、先に作ったカスタムパレット以外の場所に、ブラシアイコンをShiftキーを押しながらドラッグ&ドロップします。複数作ったカスタムパレットは、タブパネルを一つにまとめることもできます(図2-13)。

20
〈図2-13 パネルをまとめたカスタムパレット〉

カスタムパレットの名称変更
カスタムパレットの名前は、標準で「カスタムパレット1」や「カスタムパレット2」などと名前が付いていますが、オーガナイザで変更可能です。

(1) メニュー→ウィンドウ→カスタムパレット→オーガナイザをクリック。

オーガナイザダイアログで、変更したいカスタムパレットを選択した後、名前変更ボタン(図2-14の赤いマルで囲んだ部分)で変更できます。

16_1
〈図2-14 カスタムパレットのオーガナイザ画面〉

また、作成したカスタムパレット自体の削除も、オーガナイザ上の削除ボタンで行います。



[3/7]に続く



関連エントリ

Painter12で下書きからペン入れの方法[1/7]【下準備作業】
◆Painter12で下書きからペン入れの方法[2/7]【ラフを描く】【カスタムパレットの設定】
Painter12で下書きからペン入れの方法[3/7]【ラフ修正作業(キャンバスサイズの変更)】【ラフ修正作業(画像の変形)】
Painter12で下書きからペン入れの方法[4/7]【ペン入れ用下準備】
Painter12で下書きからペン入れの方法[5/7]【無地テクスチャの作成】
Painter12で下書きからペン入れの方法[6/7]【ペン入れ】
Painter12で下書きからペン入れの方法[7/7]【主線のレイヤー化(線画の抽出)】




この作例は、集英社から刊行されている加藤和恵著「青の祓魔師」に登場するキャラクター「霧隠シュラ」を元に描いたものです。著者および出版社とは無関係であり、その権利を侵害する意図はございません。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:56 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ