Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painter11の試用版を試してみた

先日(2009/5/22)発売されたPainter11の試用版をダウンロードして使ってみた。
3fe454ee.jpg
〈図1 Painter11サンプルイラスト〉

【使用したブラシ】
  • 「鉛筆」カテゴリの「リアル鉛筆(2B)」
  • 「チョーク」カテゴリの「リアルチョーク(厚塗り)」
  • マーカーカテゴリの「山形マーカー」
  • 「オイルパステル」カテゴリの「オイルパステル(丸)20」
  • 「鉛筆」カテゴリの「紙目濃淡鉛筆」
※太字は、Painter11の新機能ブラシ

【使用したカラー】
  • デフォルトのカラーセット
【使用したテクスチャ】
  • ベーシックペーパー
【その他】
  • 描画はキャンバスのみ。レイヤーは不使用
  • キャンバスサイズは幅810・高さ500(ピクセル)・解像度72(ピクセル/インチ)
  • 幅600・高さ370(ピクセル)にリサイズ後、シャープ効果の実行(ガウス・量1.92)(図1)

ver.11(Windows版)を簡単に使ってみた感想メモ羅列。
あとver.10は使ったことないので(試用版も)、10の時点で変更しているものも含んでいるかも。
気がついたものを随時追記する、多分。
  1. CPUの使用率が上がっている(9.5で9~12%だったのがほぼ常時50%程度に)Painter11SP1のアップデートパッチによりCPU使用率が低くなるように修正された(2010/01/07)
  2. マーカー、リアル鉛筆などの、新搭載ブラシは思ったほど処理が重くない
  3. ↑のブラシゴーストを切っても処理の重さは余り変わらない。なのでゴーストONにしておく方がよさげ。
  4. 低い筆圧でも、以前よりテクスチャがよく反映されるようになってる。
  5. 「テンプレートファイルを開く」が、ウェルカム画面だけでなく、「ファイル」メニューにもちゃんとある。便利
  6. 「ペースト」と「正確にペースト」のショートカットコマンドが入れ替わってる
  7. 「変形」コマンド群と「塗潰し」が、「効果」メニューから「編集」メニューに移動
  8. 「リアル鉛筆」系ブラシの追加で、鉛筆カテゴリは以前と違うブラシに。塗り重ねブラシではなく塗り潰しな鉛筆が増えた
  9. ミキサーパレットに、混色された色がデフォルトで載っていた
  10. ミキサーパレット上部の配置されたデフォルトの色数が11から最大42に増えた
  11. カラーパレットのRGB・HSV表示切り替えボタン領域が無くなっている。デフォルトRGB表示で、メニュー矢印内に切り替えコマンドが入ってた。HSVで%表示が無くなって、0~255の数値表示になっている(2010/12/17)
  12. レイヤーパレットの隠し機能である、ドラッグでパレットを伸ばす機能の有効領域でカーソルが変化するようになっている
  13. ドッキングパレットの配色がグレーになっていて、Windowsテーマの設定の影響をうけなくなっている。結果、メニューバーと配色が違うことに
  14. RIFファイルに画像のサムネイルが埋め込まれている。なのでPREVIEW.PIXファイルが吐き出されないようになった
  15. ズームイン・ズームアウト仕様が変わっている。一回操作で(デフォルト)25%ずつ変化していたのが、100%未満は75%→66.6%→50%→33.3%→25%→5%になった。ショートカットコマンドCtrl+-とSpace+Alt+Ctrl+クリックで同じ動作になった。100%以上で150%→200%→400%→以上100%刻みで倍率をあげている。ショートカットコマンドCtrl++とSpace+Ctrl+クリックで同じ動作になった。
    これらにより、ver9.5の「環境設定」の「一般」にあった「拡大ツールのズーム単位」設定がなくなっている(2009/05/26)
  16. 「効果」から移動したはずの「塗潰し」を使うと、効果メニューリスト上部の最近使った効果履歴の部分にリスト表示される。特に問題はないが、なんとなく気持ち悪い(2009/05/26)
  17. 「グループ結合」(Ctrl+Shift+X)が、「レイヤー結合」(Ctrl+E)に変更されている。しかし、レイヤーパレットのレイヤーコマンドボタンでは昔の「グループ結合」表示のまま。こちらはキーボードショートカットの表示は消えてる(2009/05/26)
    レイヤー結合する場合、一旦グループ化→グループ結合という手順だったのが、複数レイヤー選択→レイヤー結合(Ctrl+E)で可能になった(2010/03/14)
  18. テンプレートについてのPainter11ヘルプで書かれているファイルパスが間違っている(Windows版)。正しくはApplication Data\\Corel\\Painter 11\\デフォルト\\テンプレート配下にテンプレートファイルを配置しなければ正常に動かない。(2009/05/28)
  19. レイヤーパレットのサムネイル画像が更新されない時がたまにある。最悪Painterを再起動すれば正しいサムネイルに更新される(2009/06/09)
  20. グループ化した時、複数枚レイヤーを同時に拡大縮小できてたのが11で不可能になってる(2009/06/27)
  21. 新機能ブラシのマーカーは、1ストローク毎に自動的に乾燥処理を行うデジタル水彩のような挙動。なので基本的に、レイヤーの合成方法がフィルターで使うものとして設定してあるようだ(2009/06/27)
  22. Ver.9.5と比較するとマジックワンドツール(自動選択機能)の精度が向上している(2009/10/24)(比較記事:Painterでの選択範囲と着色下地の作り方[2/2]
  23. レイヤーマスクの適用を実行すると色が暗くなる現象はそのまま(2009/10/28)

「リアル鉛筆」が多分目玉機能らしく、ブラシセレクタでは最初に起動した際に、デフォルトブラシになっていた。
実際、かなり楽しい。
アレだ。ver.9で「アーティストオイルブラシ」を触った感触に似たワクワク感がある。

また、「リアル鉛筆」は傾きで着色の不透明度を表現できるので、所謂「厚塗り」表現に向いていると思った。ただ、これ、注意しないと実際のペンタブレットの(替え芯でなく)ペン先を削り取りそう。ペンを傾けるから。

 マーカーも面白いけど、こちらは重ね塗り系の発色。カンプとか描くのに向きそうなブラシだなと思った。

  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 20:52 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ