Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painterの手ぶれ補正について(その2)

SYSTEMAX社のSAIが搭載する『手ブレ補正』機能に該当するPainterの機能は、前述した以外にもう一つあります
それは『キュービック補間』という値です。


SAIの「手ブレ補正」のS-1~S-7あたりの高い補正値では、自分の手で動かして描いたストローク(描線)ではなく、やや矯正された綺麗なストロークが表示されると思います。
人によっては、描こうとした線と、実際描かれた線がずれる様な感覚になると思います。

ストローク矯正のイメージ
〈図1 ストローク矯正のイメージ図〉

図1はかなり誇張してますが、手の震えなどで起こるぶれを補正して、すっとした綺麗な迷いのない線にする補助機能です。

このストロークを矯正する機能が、Painterでは「キュービック補間」で、この値を大きくすればするほど矯正力が大きくなります。

メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロール→間隔の表示を実行し、間隔のパレットをひらくと、その項目がでてきます(図2の赤い丸で囲んだ部分)。
間隔パレット
〈図2 間隔パレット〉

改めて言い換えると、Painterの「滑らかさ」と「キュービック補間」の二つが、SAIでの『手ブレ補正』に該当すると言うわけです。

しかし事はそう単純にはいかないのがPainterのブラシ設定で、このキュービック補間という機能は、ブラシ設定値のうち「描点の種類」が「円形」「1ドット」「ブリスル」「取り込み」になっていないと効果を発揮しません。
(上記の描点の種類以外では、項目自体がグレイアウトして変更できないという訳ではなく、内部演算上あまり重要視されていない様です)

「描点の種類」はメニュー→ウィンドウ→ブラシコントロール→一般の表示を実行し、一般パレットを開くと確認、変更できます(図3の赤い丸で囲んだ部分)。
一般パレット
〈図3 一般パレット〉

つまり、前回例として挙げたペンカテゴリのスクラッチボード(図4)では、このキュービック補間機能の恩恵を余り受けないのです。
ペンカテゴリのスクラッチボード
〈図4 ペンカテゴリのスクラッチボード〉


では、このキュービック補間機能の効果が出るブラシはどれか? というと、鉛筆カテゴリのシャープペンシル1(図5)などが該当します。
鉛筆カテゴリのシャープペンシル1
〈図5 鉛筆カテゴリのシャープペンシル1〉

(勿論、それ以外にも該当するブラシが沢山ありますので、時間のある方は探してみてください)


SAIのブラシ挙動をみると、円(ドット)の連続によって描線を表示しているようです(図6)。
下図6を見ればおわかりのように、この方法では、連続する円同士の間隔が狭くなるほど滑らかな描線になります。

なので同様の挙動をする、シャープペンシル1のような「描点の種類」が「円形」のブラシの方が、SAIと似た感じの表現になる訳です。
ドットの連続による描画イメージ
〈図6 ドットの連続による描画イメージ〉

それで、SAIに標準搭載された鉛筆と同じようなブラシがないか、Painterのブラシカテゴリを探してみましたが、通常のブラシでは無いようです。

一番似たものが、上記で挙げている鉛筆カテゴリのシャープペンシルなのですが、これも微妙に異なっているので、このブラシを元に改造し、作ってみることにします。

→「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」に続く


関連エントリ
Painterの手ぶれ補正について(その1)
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 18:25 | Edit

Painterの手ぶれ補正について(その1)

SYSTEMAX社のSAIや、セルシス社のIllustStudioなど、新しいペイントソフトが発売されているわけですが、これらのアプリケーションに共通しているのが『手ブレ補正』機能や『補正』機能と言った、滑らかな線を描画する機能です。

線の影響が強いコミックイラストを描く人が多い日本では、とても重宝されている機能です。

それで、こういった機能がPainterのどの機能にあたるのかと言えば、『滑らかさ』というパラメータがそれにあたります。

試しにブラシセレクタでペンカテゴリのスクラッチボードを選択します(図1)。
スクラッチボード
〈図1 ペンカテゴリのスクラッチボード〉

この状態のまま、メニュー→ウィンドウ→ブラシコントロール→間隔の表示を実行すると、ブラシコントロールパレットの中で、間隔のパレットが開いた状態で表示されます(図2)。
ブラシコントロール
〈図2 ブラシコントロール〉
(図はパレットのドッキングから『間隔』のみ外した状態)

この間隔パレットの『滑らかさ』のスライダ(図3の赤い丸で囲んだ部分)は通常では50%になっていますが、この数値を大きくすると、いわゆる手ぶれ補正が強くかかった状態になります
間隔パレット
〈図3 間隔パレット〉

しかし、数値を大きくすると内部の演算処理に時間がかかるため、描画が遅くなって動作が重く感じるはずです。実際に、滑らかさを100%に変更して描いてみるとよくわかります。
これはSAIの「手ブレ補正」のS-1~S-7あたりの高い補正値では、描画がワンテンポ遅れるのと同じ現象です。


これらの描画の遅延現象は、実際に使用しているPCの性能によるものなので、古いPCや、メモリをあまり搭載していないPCでは、標準値の50%でも遅くなる場合があります。
その場合は、この『滑らかさ』の数値を確認して、値を少なく設定してください。

ちなみに自分の環境では、動作と、補正の兼ね合いから90%ぐらいが実用としては限界でした。

ブラシコントロールの一般で設定している「描点の種類」が、キャメルヘアー/フラット/パレットナイフ/ブリスルスプレー/エアブラシ/エアブラシ (ピクセル)/エアブラシ (線状)/エアブラシ(楕円)/レンダーになっていると、この『滑らかさ』の影響を大きく受けるブラシとなっています。
上記の例で使用したスクラッチボードでは、『レンダー』になっています(図2)。

ブラシコントロールパレットの使い方

ペン入れの時に間隔パレット(もしくはブラシコントロールパレット)だけを常時表示させて、『滑らかさ』の値を随時変更していくと大変便利です(図4)。
使い方のイメージ
〈図4 使い方のイメージ〉

具体的には、髪の毛などの曲線の多い部分では滑らかさの値を大きくし、顔のパーツなどでは値を小さくするなど、動的に値を変更して描いていきます。


warning_32q補足
このブラシコントロールパレットはVer.8のみ搭載されていませんので、上記の使い方をする際には注意してください。


関連エントリ
Painterの手ぶれ補正について(その2)

この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 01:21 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ