Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

新バージョンPainter 2018 発売

Painterの新バージョンPainter 2018(正式にはPainter 17であるが、バージョン管理の都合上、17をスキップし、ver.18管理されている)が6/28、発表・ダウンロード販売が開始されました。
パッケージ版販売は未定です。

Painter 2018 公式サイト

Painter 2017(Painter 16)が、2016/8/09に発売されたので、11ヶ月弱でのメジャーアップデートです。

Painter 2018のアップグレード対象は、旧バージョンPainterを持っているユーザ

今バージョンのうりは "Thick paint" で、そのまま「厚塗りペイント」と訳されています。ざっと見たところ、インパストと言われる、絵の具の盛り上げ表現を強化したようです。
この機能自体は、奥行きパラメータとしてPainter6のころから既にありました。それをより油絵やメディウムを使用したアクリル絵の具のように現実に近づけたことが成果、といったところでしょうか。

ある意味、非常にPainterらしい機能強化だといえるでしょう。
多分、殆どのユーザーはインパスト機能の強化を望んでたとは思えないので。
個人的にはインパスト機能強化は欲しかったところですが、この意見が少数派なのは重々承知です。

というか、現実の絵画でもインパストって相当難しいスキルですよ。
効果的に使えるセンス持った人、そうそういないから!!

あ。つまり、Painterでシミュレートして練習しろってこと?

  • Comment(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 23:25 | Edit

新バージョンPainter 2017 発売

tokugawa2
(線:Painter2016/着色:Painter 2017)

Painterの新バージョンPainter 2017(Painter 16)が8/9、発表・ダウンロード販売が開始されました。
2016/9/2にパッケージ版も発売される予定です。

Painter 2017 公式サイト

Painter 2016(Painter 15)が、2015/8/10に発売されたので、1年でのメジャーアップデートです。

アップデート要件が12やX3に比べて緩和されています。
Painter 2017のアップグレード対象は、旧バージョンPainterを持っているユーザ

そして 旧バージョンPainterを持っているユーザが対象の【2016/9/9 17時まで】期間限定で
アップグレート価格が13,410円(税込)になります。
(DL版のみ)

Painter 2016の際は、アップグレード対象が
  • Painter7以上
  • 期間限定$99の値引きアップグレードの対象がPainter2015(一つ前のバージョンのユーザ)のみ
であったことを考えると、このバージョンアップグレード対象の間口は少し広がっています。

(しかし、Painterはバージョン毎にアップグレード要件をかなり変えるので、今後はどうなるかわかりません)



英語のプレスリリースを見ても性能向上に言及した文章がありません。
X3リリースの時のような、かなり小規模なアップグレードのような感触をうけます。

詳しくはCharakoさんが新機能を中心に詳しくレビューされています。


キャンペーン期間が短いのですが12、X3あたりのユーザはアップグレードの恩恵はあると思いますが、率直なところ2016ユーザは1万円未満なら考慮の余地あり、という感じです。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 10:57 | Edit

新バージョンPainter 2016 発売

Painterの新バージョンPainter 2016(Painter 15)が8/10、発表・ダウンロード販売が開始されました。
パッケージ版について、現状日本語版は 詳細未定。(北米英語版はパッケージ販売があります)2015/9/18にパッケージ版も発売されました。

Painter 2016 公式サイト

Painter 2015(Painter 14)が、2014/8/13に発売されたので、1年でのメジャーアップデートです。
今回は、2015年/7月末にリリースされた新OS Windows10 対応バージョンなのは明かです。

Painter 2016の新機能については、ゆきさんのTwitter上のレビューやCharakoさんのユーザレビュー(2015/08/14追記)が詳しいので、そちらを参考になさってください。

Painter2016の新機能を画像付きで紹介するよ!




追記(2015/08/14)
2015ユーザのみ【2015/9/13まで】期間限定で
アップグレート価格が13,800円(税込)になります。

キャンペーン期間が短いので、おそらくDL版のみと予想します。


国外のプレスリリースでは、性能向上について言及している記事がほとんどですが、公式サイトではそれについて目立った宣伝を行っていません。
バージョン比較表(英語版PDF)の最後に"X3 Improved Brush Speed"の項目があるだけです。

イギリスのプレスリリース(URLを見失い)では、「『2015の3倍、X3の9倍の速さになった』とコーレルの開発陣の発言がある」との記述がありました。別のWindowsの記事(英語)では2015の3倍の速度アップとの内容です。しかし試用版を利用した日本のユーザでは、目立って早くなったとの話は出ていません。(諸事情により、自身はまだ試していません。)日本のユーザが体感で感じる程、劇的に早くなっているというわけではないのかもしれません。
またCPUやメモリリソースについては、高い占有状態になっているとの内容も書いてありました。(ただし、こういった高度なプログラムでは想定内とも書いてある)


abrファイルの取り込みについてはブラシの画像ファイルのみ、取り込んだ画像サイズは100にリサイズ(Painter側の安全対策でしょう)とのことなので、Photoshopと同様な描画がすぐさまできる訳ではないことは理解しておくと、多大な期待をせずにすむでしょう。

Photoshopは、文化圏的に、なんでも直ぐ画像取り込み→ブラシ化というのが大変多く、その取り込み画像のサイズも3000pixとかがざらなので、そういう流れをPainterで行うのは無謀であると考えられます。




2015に引き続き、アップデート要件が12やX3と比べて緩和されています。
Painter 2016のアップグレード対象は、Painter7以上のユーザ

ごく初期に、旧バージョンのPhotoshopライセンスもアップグレード対象との日本語表記がありましたが、現在、その表記は消えています。
ただし、北米英語版のアップグレード条件(以下英全文)には、今もあります。
To purchase the upgrade version of this product, you must own a previous licensed version of Painter® 7 or up or Adobe Photoshop. Your original serial number will be required. Please note that upgrade eligibility excludes Trial, Academic, OEM and Not for Resale (NFR) versions.
※ 太字はBlog管理者による

ここで重要なのは、いままで特別優待版の対象だったPhotoshopユーザが、今バージョンでアップグレード対象になってアップグレード条件が緩和されていることです(ただし、日本語版は適用されない)。

現在の為替レートだとアップグレード英語版も2万8,400円程度なので、日本語版との値段の相違はありません。

どの程度、新機能や改善機能(特にレイヤー描画時の白引きずり解消)に魅力を感じるかでアップデートするか判断したほうがよいでしょう。
個人的には、Ver.7~11の旧UI(ユーザインターフェース)のユーザは、機能増加の恩恵が、アップデート代に見合うと思うという、2015リリース時の判断のみ引き続き残しておきます。
12.2ユーザはパース定規やジッターブラシ、参照イメージ機能(いずれもX3搭載)+2015の新機能で判断された方がいいでしょう。
X3ユーザは、3万近いアップグレード代に見合った機能かと言えば、個人的にX3.1と言える機能と言えます。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 11:52 | Edit

Painterの歴史(簡易版)

記憶保持のためメモ。思い出した時に随時更新。
古いものはどどどさんの記事が詳しい。


Painter5.5 WebEdition (1998年) 5からの有料アップデート。Webデザイン用の機能(イメージスライサー等)追加。フローター。PainterClassic1.0の母体。

Painter6 (2000年) マーク・ジマーが開発に関わった最後のバージョン。この販売期間中に、コーレルに売られる。英語版は1999年に発売され最終的に6.1のアップデータが出たが、このアップデータの日本語ローカライズはされなかった。アイコンがブラシを立てた壺。

Painter7 (2001年) Corelになってから初めてのバージョン。旧水彩廃止、新水彩、リキッドインク搭載。ブラシファイルがXMLがファイルに。XP遅延パッチが日本語版のみ出る。新水彩のブーイングで7.1でティント搭載。アイコンがピンクペンキのペンキ缶

Painter8 (2003年) UI刷新。デジタル水彩搭載(未完成ながら旧水彩の復活)。ミキサーパレット搭載。メニューからのブラシカスタムパネル廃止。ランダマイザ、トランスポーザ等のブラシクリエータ機能搭載。カスタムパレット機能廃止。ネットペインター廃止。8はPainterEssentialsの母体。8.1パッチでカスタムパレット復活。8.1はPainterEssentials2の母体。アイコンが青ペンキのペンキ缶。

Painter9 (2005年) アーティストオイル新搭載。ブラシカスタムパネル復活。クローン機能強化。代理店販売から、コーレル日本法人による直接販売に変更。9.1パッチでブラシツールと焼き込みツール追加。アイコンが9本指。9.1はPainterEssentials3の母体

Painter9.5 (2006年) 9.1ユーザには無料アップデート。自動クローンによるフォトペインティング機能強化。PainterEssentials3の新機能を9.5にフィードバック。

PainterX (2007年) リアルブリスル、構図グリッド機能搭載。サムネイル。ペンキ缶販売限定販売。IntelMac対応バージョン。アートペン対応開始。PainterEssentials4の母体

Painter11 (2009年) マーカーや傾きを加味したリアル鉛筆搭載。アイコンがブラシ。PainterSketchPadの母体。

Painter12 (2011年) UI刷新。機能も大幅に変更や廃止。Winのみ64bitOS対応。リアル水彩、リアル油彩搭載。ブラシクリエーター機能廃止。パッチが12.2まで出る。フローマップ。東日本大震災のチャリティ画像がパッケージ。

Painter X3 (2013年) ブラシセレクタのマイナーチェンジ、ブラシパラメータの多くにジッターを追加。二点三点構図のパースグリッド搭載。Corel撤退による代理店販売(イーフロンティア)再び。

Painter 2015 (2014年) 初の1年でのメジャーアップデート。Macの64bitOS対応。バネ重力なとパーティカルブラシ搭載。PainterEssentials5の母体。この販売中にイーフロンティアが販売権を手放し、有力な国内代理店がなくなった状態に。

Painter 2016 (2015年) 再び1年でのアップデート。Win10対応バージョン。パーティカルブラシが強化されたダイナミックスペックル搭載。音に反応するオーディオ表現設定搭載。機械的な演算処理ではなく、より自然で有機的・偶然性をねらった表現に傾倒しつつある。Photoshopブラシのインポート機能。白引きずりのない強化ブレンドブラシ搭載。

Painter 2017 (2016年) 再び1年でのアップデート。グラデーション⾼速ペイントなど、グラデーションツールの新規強化。ブラシパラメータ「粗さ」を機能拡大した描点ステンシルブラシ搭載、グレージング ブラシ搭載(軽い半透明のブラシストロークで描画できる機能)。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 01:58 | Edit

Painter6以前の旧水彩

Painter6の旧水彩

Painter6のいわゆる旧水彩で着色したもの。
旧水彩をデジタル水彩として描いたのではなく、Painter6をWin7上で起動して描いたので、正真正銘の旧水彩である。

Painter6の水彩では、こういう感じの筆致を直感的に描くことができた。

今では、こういう塗り方は様々なペイントツールで可能で、容易ある。
従って以前に言われた、Painter6水彩が素晴らしかったというのは、過去の記憶の美化というのが大きいと感じる。
(乾燥処理しないと、スポイトで色拾えない等、今では不自由すぎる仕様が結構ある。でもそういったことは忘れられている。改めて使用してみると気付く)

余談
Painter6のブラシバリアントはブラシのファイル形式が異なるため、Painter11まで搭載していた旧ブラシファイルの変換機能(=Painter11までのブラシインポート機能)を使って変換しないとPainter 12~2015では使えません。
参考→Painterの用語集「ブラシファイル」

画像の元ネタ↓

  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 15:23 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ