Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painter2016で下書きからペン入れの方法[5/7]

[4/7]からの続きです。実際のところ、ペン入れ作業とはまったく無関係な部分ですが、もう一つ準備作業を行います。
始めから読む人はこちら[1/7]から。

無地テクスチャの作成

将来、色を塗ったりする際に、コミックイラストらしさを出すために必要となることが多い「無地」テクスチャを作成します。
残念ながらPainterの標準では、無地テクスチャは存在しないので、今後利用するためにもここであらかじめ作って登録してしまいます。

(1) メニュー→ウィンドウ→テクスチャパネル→テクスチャをクリック。
テクスチャパネル(図5-1)が表示されます。

Image32_2
〈図5-1 テクスチャパネル〉

(2) テクスチャパネルの右側にあるメニューリストアイコン(図5-1の赤い丸で囲んだ部分)をクリック。
テクスチャのプロパティメニュー画面(図5-2)がでます。
テクスチャメニュー
〈図5-2 テクスチャのプロパティメニュー画面〉

(3) プロパティメニューから「テクスチャの作成」をクリック(図5-2)。
テクスチャの作成ダイアログ(図5-3)が出ます。

Image29
〈図5-3 テクスチャの作成画面〉

(4) テクスチャの作成ダイアログの「間隔」スライダを一番左まで移動(図5-3の赤く囲んだ部分)、保存名に「無地」と入力し(図5-3の青く囲んだ部分)、OKボタンを押下。

(5) テクスチャパレットにあるテクスチャライブラリタブをクリック。
標準である「テクスチャ」ライブラリ内の末尾に、先ほど作成した「無地」があることを確認する(図5-4で黄緑の枠で囲まれたアイコン部分)。

11
〈図5-4 ライブラリ内での登録内容の確認〉

(6) 「無地」を、末尾からライブラリの先頭部分にドラッグ&ドロップして移動させ、順番を並び替える(図5-5、図5-6)。

12
〈図5-5 ライブラリ内での移動〉

13
〈図5-6 順番を並び替えたテクスチャ〉

(7)ツールボックスのテクスチャセレクタ(図5-7)で、「無地」テクスチャが選択されていることを確認。

14
〈図5-7 無地テクスチャが選択された状態〉

以降の作業では、この無地テクスチャを使った状態で、作業を進めます。
テクスチャパレットはこれ以降、使用しませんのでパネル上部、左はしにある白い丸をクリックし閉じます。

warning_32q補足
テクスチャライブラリパネルの下部にあるテクスチャの作成ボタン(図5-8の赤いマルで囲んだ部分)を押しても、図5-3のダイアログを呼び出せます。そして、上記と同様にテクスチャが作成できます。

13_1
〈図5-8テクスチャライブラリパネルのテクスチャ作成ボタン〉

[6/7]に続く

関連エントリ

Painter2016で下書きからペン入れの方法[1/7]【下準備作業】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[2/7]【ラフを描く】【カスタムパレットの設定】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[3/7]【ラフ修正作業(キャンバスサイズの変更)】【ラフ修正作業(画像の変形)】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[4/7]【ペン入れ用下準備】
◆Painter2016で下書きからペン入れの方法[5/7]【無地テクスチャの作成】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[6/7]【ペン入れ】
Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]【主線のレイヤー化(線画の抽出)】

  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 18:05 | Edit

Painter12で下書きからペン入れの方法[5/7]

[4/7]からの続きです。実際のところ、ペン入れ作業とはまったく無関係な部分ですが、もう一つ準備作業を行います。
始めから読む人はこちら[1/7]から。

無地テクスチャの作成

将来、色を塗ったりする際に、コミックイラストらしさを出すために必要となることが多い「無地」テクスチャを作成します。
残念ながらPainterの標準では、無地テクスチャは存在しないので、今後利用するためにもここであらかじめ作って登録してしまいます。

(1) メニュー→ウィンドウ→テクスチャパネル→テクスチャをクリック。
テクスチャパネル(図5-1)が表示されます。
08
〈図5-1 テクスチャパネル〉

(2) テクスチャパネルの右側にあるメニューリストアイコン(図5-1の赤い丸で囲んだ部分)をクリック。
テクスチャのプロパティメニュー画面(図5-2)がでます。

09
〈図5-2 テクスチャのプロパティメニュー画面〉

(3) プロパティメニューから「テクスチャの作成」をクリック(図5-2)。
テクスチャの作成ダイアログ(図5-3)が出ます。

10
〈図5-3 テクスチャの作成画面〉

(4) テクスチャの作成ダイアログの「間隔」スライダを一番左まで移動(図5-3の赤く囲んだ部分)、保存名に「無地」と入力し(図5-3の青く囲んだ部分)、OKボタンを押下。

(5) テクスチャパレットにあるテクスチャライブラリタブをクリック。
標準である「テクスチャ」ライブラリ内の末尾に、先ほど作成した「無地」があることを確認する(図5-4で黄緑の枠で囲まれたアイコン部分)。

11
〈図5-4 ライブラリ内での登録内容の確認〉

(6) 「無地」を、末尾からライブラリの先頭部分にドラッグ&ドロップして移動させ、順番を並び替える(図5-5、図5-6)。

12
〈図5-5 ライブラリ内での移動〉

13
〈図5-6 順番を並び替えたテクスチャ〉

(7)ツールボックスのテクスチャセレクタ(図5-7)で、「無地」テクスチャが選択されていることを確認。

14
〈図5-7 無地テクスチャが選択された状態〉

以降の作業では、この無地テクスチャを使った状態で、作業を進めます。
テクスチャパレットはこれ以降、使用しませんのでパネル上部、左はしにある白い丸をクリックし閉じます。

warning_32q補足
テクスチャライブラリパネルの下部にあるテクスチャの作成ボタン(図5-8の赤いマルで囲んだ部分)を押しても、図5-3のダイアログを呼び出せます。そして、上記と同様にテクスチャが作成できます。

13_1
〈図5-8テクスチャライブラリパネルのテクスチャ作成ボタン〉

[6/7]に続く

関連エントリ

Painter12で下書きからペン入れの方法[1/7]【下準備作業】
Painter12で下書きからペン入れの方法[2/7]【ラフを描く】【カスタムパレットの設定】
Painter12で下書きからペン入れの方法[3/7]【ラフ修正作業(キャンバスサイズの変更)】【ラフ修正作業(画像の変形)】
Painter12で下書きからペン入れの方法[4/7]【ペン入れ用下準備】
◆Painter12で下書きからペン入れの方法[5/7]【無地テクスチャの作成】
Painter12で下書きからペン入れの方法[6/7]【ペン入れ】
Painter12で下書きからペン入れの方法[7/7]【主線のレイヤー化(線画の抽出)】

  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 00:45 | Edit

PainterでPhotoshop風のブラシを作る方法

Photoshopで不透明度を低くして描くと、下の色が透けて見える半透明状態で描画されます(図1)。
Photoshopブラシでの描画
〈図1 Photoshopでの描画〉

しかしPainterの標準的なブラシ(ex.ティント)では、レイヤーの透明度に対応していないためそうなりません。(図2)
透明度非対応のため描き始めが白くなった状態
〈図2 透明度非対応のため描き始めが白くなった状態〉


ただし、Ver.9以降に搭載されたアーティストオイルブラシを利用すると、似たようなブラシを作ることができます。

以下、Painter11でPhotoshop風の半透明ブラシを作る方法です。

ブラシのバックアップコピー

ブラシセレクタから、アーティストオイルカテゴリの「ウェットオイリーブラシ」を選択します(図3)。
アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ
〈図3 アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ〉

そして、このブラシのバックアップコピーを作ります。
バックアップコピーの作り方は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシのバックアップコピー」の部分を参考にしてください。

今回、バリアントの保存画面(図4)で入力する保存名は「Photoshop風のブラシ」にします。
勿論わかりやすい名前であれば、どんな名前でもかまいません。
バリアントの保存画面
〈図4 バリアントの保存画面〉

バリアントを保存したら、ブラシセレクタで「Photoshop風のブラシ」をあらためて選択しておきます。

ブラシパラメータの変更

次にブラシパラメータを変更します。

値の変更方法は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシコントロールで変更する方法」か、「ブラシクリエータで変更する方法」を参照して、いずれの方法かで変更してください。

ここでは、変更するパラメータ値のみ列挙します。

(1)一般の変更。
一般パレット
〈図5 一般パレット〉

不透明度:30%
粗さ:30%
ブースト:100%

(2)サイズの変更。
サイズパレット
〈図6 サイズパレット〉

最少サイズ:100%

(3)アーティストオイル変更。
アーティストオイルパレット
〈図7 アーティストオイルパレット〉

量:5%
粘り:100%
混色:0%

ケバ立ち:10%
固まり:10%
尾がすれ:0%

ウェット:100%

値を変更した後は、忘れず「バリアントの保存」を実行してください

注意点
このブラシでキャンバス上に描くと、図8の様になります。
改造したアーティストオイルブラシの描画
〈図8 改造したアーティストオイルブラシの描画〉

しかし、レイヤー上では図8の様には描画できません。

レイヤー上でキャンバス上と同じ動作にするためには、必ずレイヤーパレットにある「下の色を拾う」チェックボックスをオンにしてください(図9の赤い丸で囲んだ部分)。

photoshop-2
〈図9 改造したアーティストオイルブラシをレイヤーで使う〉

あと、よりPhotoshopらしくしたいならば、無地テクスチャと一緒に使う方がそれらしくなります。
Painterで無地テクスチャを作る方法は「Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]」の「無地テクスチャの作成」を参照してください。

応用

アーティストオイルブラシは同時に最大3色を乗せて描画できるブラシです。
なので、このPhotoshop風ブラシで、ミキサーパレットの多色スポイトツール(図10の赤い丸で囲んだ部分)で色を選択すると、アナログ画材の幅広スポンジブラシで色を塗ったような表現ができます(図11)。
ミキサーパレット
〈図10 ミキサーパレット〉
Photoshop風ブラシで多色塗り
〈図11 Photoshop風ブラシで多色塗り〉
warning_32q補足
当然のことながら、ブラシトラッキングの設定は行っていることが前提です。
ブラシトラッキングの設定のやり方は「Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]」を参照してください。


関連エントリ
PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:00 | Edit

Painter11のサンプル作品

64ded298.jpg
〈完成品:制作時間40分〉
リアルブリスルの使い方がよく分からない。特に、アーティストオイルとの違いが。
ブラシの一本一本の軌跡が表示されるということだろうか?

今回はレイヤーをおよそ20枚、レイヤーの合成方法は全て「デフォルト」で、順に加筆していく形式で描いた物。
おおまかに以下のようなレイヤー(グループ)構造で描いた。


【使用したカラー】
・デフォルトのカラーセット

【使用したテクスチャ】
・自作の無地テクスチャ
・ベーシックペーパー

下地レイヤーグループ

下地

【使用したブラシ】
PainterImage22
PainterImage23
これらを中心に「リアルブリスルブラシ」カテゴリにあるブラシ全部使用。
混色ブラシとしては以下。
PainterImage20
テクスチャとしては以下を使用。
PainterImage18
テクスチャは別レイヤーに描き、レイヤーの不透明度を20~30%程度に下げて数枚重ねた。

構造物レイヤーグループ

構造物

【使用したブラシ】
メイン使用
PainterImage8
細部使用。このあたりの描写でテクスチャを「ベーシックペーパー」に変更
PainterImage19
木の幹部分
PainterImage27
木の葉部分
PainterImage18

調整レイヤーグループ


調整

【使用したブラシ】
PainterImage28


使ったブラシも多すぎて完全には覚えていない。が、おおよそこんな感じだった。
新規レイヤーに塗っては不透明度を低くし、全体を見ながら描き込んでいくというのが各レイヤーグループの制作手順だった。

着色というのは、こういう風に塗る、という確立された手順がないことが殆どなので文章で説明するというのが大変難しい。
つまりはフィーリング。
  • Comment(4)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 09:36 | Edit

Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]

この記事は、Painter11を含む古いバージョンで有効です

[2/4]からの続きです。始めから読む方はこちら[1/4]から。

ペン入れ用下準備

(1) 下書きをレイヤー化します。メニュー→選択範囲→全て選択(またはショートカットコマンドCtrl + a)のあと、メニュー→選択範囲→レイヤーに変換を実行。

(2) レイヤーパレット(図15)で、「レイヤー1」に下書きが移っていることを確認。
確認方法はレイヤー1の左にある目のアイコンをクリックします。
目を閉じた表示の時に下書きの絵が消えれば、レイヤー1に下書きが移っている状態です。
レイヤーパレット画面1
〈図15 レイヤーパレット画面〉

また、レイヤーパレットの右側にある三角のアイコン(図15の赤い丸で囲んだ部分)をクリックすると、レイヤーパレットのプロパティ画面(図16)がでるので、ここで「サムネイル大」(中または小)にして、レイヤーの内容を確認しても良いです(図16の赤い丸で囲んだ部分)。
レイヤーパレットのプロパティ画面
〈図16 レイヤーパレットのプロパティ画面〉
(画面はサムネイル設定が「なし」の場合)


(3) レイヤー名を変更します。

(3-1) メニュー→レイヤー→レイヤー属性を実行(またはレイヤーパレットのレイヤー1をダブルクリック)。
レイヤー属性画面の名前を「レイヤー1」から「下書き」に変更します。
レイヤー属性画面
〈図17 レイヤー属性画面〉

(3-2) レイヤーパレットのレイヤー名が、「下書き」になっていることを確認(図18の赤い丸で囲んだ部分)。
この作業は、後々レイヤー数が多くなった場合に判別しやすくするために行っています。しかし、前述のサムネイルを表示してたり、「レイヤー1」や「レイヤー2」といった名前でも間違わない、というのであれば特に変更しなくてもいいです。
レイヤーパレット画面2
〈図18 レイヤーパレット画面〉


(4) レイヤーの透明度を低くします。
透明度のスライダー(図18の青い丸で囲んだ部分)を動かし、下書きを薄くします。
ペン入れするのに邪魔にならない程度に薄くしてください。だいたいで結構です。
スライダーの隣にある%入力のボックスに、直接数字を入力してもいいです。

今回は22%の薄さにしました(図18、図19)。
下書きを薄くした状態
〈図19 下書きを薄くした状態の画面〉


(5) 下書きレイヤーをロックします。
ペン入れ作業時に、誤って下書きレイヤーに書かないようにするために、ロックプロテクトをかけます。

(5-1)下書きレイヤーを選択状態にし、レイヤーパレットの南京錠アイコンのボタン(図20の赤い丸で囲んだ部分)を押下。
PainterImage44
〈図20 レイヤーロックボタン〉

(5-2)下書きレイヤーの右端に南京錠のアイコンが表示されたことを確認(図21)。
PainterImage45
〈図21 レイヤーロック状態〉

これで、下書きレイヤーは透明度を変更する以外のことはできなくなります


無地テクスチャの作成

実際のところペン入れ作業とはまったく無関係な部分ですが、将来、色を塗ったりする際に、コミックイラストらしさを出すために必要となることが多いです。
残念ながら、Painterの標準では無地テクスチャは存在しないので、今後利用するためにもここであらかじめ作って登録しておきます。

(1) ツールボックスのテクスチャセレクタ(図22の赤い丸で囲んだ部分)をクリック。
ツールボックス内のテクスチャセレクタ
〈図22 ツールボックス内のテクスチャセレクタ〉

(2) テクスチャリストを表示し(図23)、このダイアログの右に付いている三角ボタン(図23の赤い丸で囲んだ部分)を押下。
テクスチャリスト画面
〈図23 テクスチャリスト画面〉

(3) テクスチャリストのプロパティ画面が表示し、そこでテクスチャの作成をクリック(図24)。
テクスチャリストのプロパティ画面
〈図24 テクスチャリストのプロパティ画面〉

(4) テクスチャの作成画面(図25)が出るので、このダイアログの「間隔」スライダを一番左まで移動(図25の赤い丸で囲んだ部分)、保存名に「無地」と入力し(図25の青い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押下。
テクスチャの作成画面
〈図25 テクスチャの作成画面〉

(5) テクスチャリスト(図23)で、「無地」テクスチャが登録されているかを確認し、無地テクスチャを選択(図26)。
無地テクスチャが選択された状態
〈図26 無地テクスチャが選択された状態〉

以降の作業では、この無地テクスチャを使った状態で、作業を進めます。


[4/4]に続く

関連エントリー
Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]【下準備作業】~【ラフを描く】
Painterで下書きからペン入れの方法[2/4]【ラフ修正作業】
◆Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]【ペン入れ用下準備】~【無地テクスチャの作成】
Painterで下書きからペン入れの方法[4/4]【ペン入れ】~【主線のレイヤー化(線画の抽出)】


この作例は、サイト「キタユメ。」のアバウトキタユメ。に書かれている「二次創作について」に基づき、『AXIS POWERS ヘタリア』の登場キャラクター「日本」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:11 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ