Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painterの解像度の詳細説明

解像度をもう少し詳しく言及します。
Painterでの解像度の基本的な扱いについては、「Painterの解像度について」を参考にしてください。

印刷に必要なピクセル数の算出方法

例えば、A4サイズ(29.7cm×21.0cm)で、印刷を前提としたPainterの新規ファイルを作る時に必要となるピクセル数を算出するには、以下のようになります。

f( x ) = x × (29.7 / 2.54)・・・① 長辺に必要となるピクセル数
g( x ) = x × (21.0 / 2.54)・・・② 短辺に必要となるピクセル数

それぞれ長辺、短辺の部分を2.54で除算しているのは、cm単位だったのをインチ単位に変換しているからです。(1インチ=2.54cm)

変数x解像度の値です。
一般に、印刷前提のカラーイラストでは、解像度に350ppi(=dpi)を要求されることが多いです。
なので、①と②の式で、変数xに350を代入すると

f(350) = 350 × (29.7 / 2.54) = 4093(四捨五入)
g(350) = 350 × (21.0 / 2.54) = 2894(四捨五入)

となり、350ppiでA4サイズとなるようなキャンバスサイズは、長辺4093ピクセル、短辺2894ピクセルとなります。

A4サイズでも、解像度を10ppiに設定すると、変数x に10を代入することになるので、
f(10) = 10 × (29.7 / 2.54) = 117(四捨五入)
g(10) = 10 × (21.0 / 2.54) = 83(四捨五入)

このように解像度によって、ピクセル数が全く違うことになります

さらには長辺と短辺の値も可変なので、この値を変数y (cm)とすると、①と②式は、以下のようになります。

f( x,y ) = x × ( y / 2.54)・・・③ 一辺に必要となるピクセル数


Painterでの簡易設定方法

しかし、いちいちこんな計算をするのも大変面倒です。

なので最低限、日本標準用紙の規格サイズ(A4やB5等)の長辺と短辺の長さの値(cm)さえ知っていれば良い方法を以下に示します。


まず、Painterの新規ファイルダイアログ(図1)で、最初に「解像度」を設定します
新規ファイルダイアログ
〈図1 新規ファイルダイアログ(センチ設定)〉

この際、単位は標準の「ピクセル/インチ」のままです。ここでは値として350を入力しました(図1)。

次に、「幅」と「高さ」の単位をインチからセンチに変更します(図1の赤い四角で囲んだ部分)。その後、幅と高さにそれぞれ日本標準用紙の規格サイズの値(cm)を入力します(図1の青い四角で囲んだ部分)。
ここではA4サイズの縦長なキャンバスにするため、幅に21.0、高さに29.7を入力しました。

OKボタンを押下すると、解像度350ppiのA4(縦長)の新規キャンバスが作成されます。


このキャンバスのピクセル数を確認するためには、メニュー→ウィンドウ→情報を実行し、情報画面(図2)を出すと、現在のキャンバスの幅・高さ・解像度が表示されます。
情報画面
〈図2 情報画面〉


また図1のOKボタンを押す前に、幅と高さの単位をセンチからピクセルに変更してみてください(図3)。
新規ファイルダイアログ
〈図3 新規ファイルダイアログ(ピクセル設定)〉

幅と高さの値が、センチ対応のものから、ピクセルに変換した2894と4093に変化するはずです(図3)。

しかし、これさえもいちいち入力するのが面倒なので、最初にこれら良く使うキャンバスサイズを雛形(テンプレート)として登録しておくと、もっと便利です

テンプレート機能はver.9から搭載されています。それより前のバージョンでは使えませんので注意してください。


Painterのテンプレートファイルの使い方
補足
日本標準用紙の規格サイズ
用紙サイズ長辺(cm)短辺(cm)
A184.159.4
A259.442.0
A342.029.7
A429.721.0
A521.014.8
A614.810.5
A710.57.4
B1103.072.8
B272.851.5
B351.536.4
B436.425.7
B525.718.2
B618.212.8
B712.89.1


関連エントリ
Painterの解像度について
Painterのテンプレートファイルの使い方

  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 23:53 | Edit

Painterの解像度について

以前、解像度について私的に質問されたことがあり、また今回もコメントで質問されたついでに、まとめておきます。

一般的に、デジタル環境で絵を描く際に使われる「解像度」というのは、密度(単位あたりの疎密さ)を意味します。

使われる単位は『ppi(ピクセルパーインチ)』と『dpi(ドットパーインチ)』です。
ピクセルは画素、ドットは点を意味し、ppiは「1インチ(2.54cm)あたりのピクセル数」を表し、dpiは「1インチあたりのドット数」を表しますが、デジタル環境で絵を描く際には1ピクセル=1ドットとみなされているため、この二つの単位で表しているのは同じ事です。
(厳密にはdpiはプリンターで、ppiはモニターやスキャナで用いられる単位らしい)


Painterの新規ファイルダイアログで設定する解像度についてですが、これは標準でppi表示になっています(図1)。
新規ファイルダイアログ
〈図1 新規ファイルダイアログ〉

「ピクセル/インチ」はppiと同じで、図1の場合「1インチあたり300ピクセル」を示しています。

しかし、ここで設定する「解像度」とは、上で設定した「幅」と「高さ」の画像を、どのくらいの細かさ(精密さ)で、どのくらいの大きさ(サイズ)に印刷するかを、最初に決めているだけのものです。
なので、描いた絵や加工した写真を印刷しないのであれば、無意味な入力項目でしかありません。

図1の様に
【幅 300ピクセル、高さ 300ピクセル、解像度 300ピクセル/インチ】
と設定したキャンバスに描いた絵を印刷した場合、絵の大きさは縦横1インチ、つまり2.54cm×2.54cmの絵として印刷されます。

また、
【幅 300ピクセル、高さ 300ピクセル、解像度 150ピクセル/インチ】
に設定したキャンバスに描いた絵を印刷した場合、絵の大きさは縦横2インチ、つまり5.08cm×5.08cmの絵として印刷されます。

このように幅・高さが同じピクセル数でも印刷サイズは異なってきます。
そして(当然のことながら)、解像度 150ピクセル/インチの方が300ピクセル/インチよりも印刷の目が粗くなります

また、解像度が違うだけでは、Painterで作った新規キャンバスに違いはでません(図2)。
PainterImage2
〈図2 新規キャンバス(パレット非表示)画面〉

逆に、解像度300ピクセル/インチの高精度で、大きなサイズを印刷したい場合は、幅・高さのピクセル数を多くしたキャンバスで描かなければなりません。
解像度300ピクセル/インチで、縦横2インチの絵を印刷するようにしたい場合は幅・高さが600ピクセルのキャンバスが必要になる、という訳です。(→算出方法はPainterの解像度の詳細説明の「印刷に必要なピクセル数の算出方法」を参考のこと)


これらのように、目的とする印刷サイズによって、設定する解像度・幅・高さは異なってきますので、印刷を前提とした新規ファイルを作る際は注意してください


印刷所で印刷するカラーイラストの場合、350ピクセル/インチ(dpi)の解像度が必要とされることが多い様ですが、家庭用のインクジェットプリンタで印刷する場合は最大250ピクセル/インチ(dpi)の解像度でも十分だと言われていました(2002年当時)。
(このあたりの事は、自身も専門ではありません。なので、より詳しい説明は各自調べてください。参考:インクジェットには何ドットの画像が必要か?

WEB用画像として使う場合は、幅・高さのピクセル数だけが重要になってきます。


余談ですが 、図1の「キャンバスサイズ」横に表示される数字(図1の例であれば352K)は「この新規ファイルを、RIF形式で保存した場合におおよそ352KByteになります」との目安表示でしかありません。

RIF形式とは、Painterの独自の保存形式です。通常、Painterの作業中にファイル保存する場合は、このRIF形式で保存します。
現在は、Corel Paint Shop Pro、Corel DRAW、Corel PHOTO-PAINTがRIF形式に対応しています。
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 19:26 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ