Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

PainterでPhotoshop風のブラシを作る方法

Photoshopで不透明度を低くして描くと、下の色が透けて見える半透明状態で描画されます(図1)。
Photoshopブラシでの描画
〈図1 Photoshopでの描画〉

しかしPainterの標準的なブラシ(ex.ティント)では、レイヤーの透明度に対応していないためそうなりません。(図2)
透明度非対応のため描き始めが白くなった状態
〈図2 透明度非対応のため描き始めが白くなった状態〉


ただし、Ver.9以降に搭載されたアーティストオイルブラシを利用すると、似たようなブラシを作ることができます。

以下、Painter11でPhotoshop風の半透明ブラシを作る方法です。

ブラシのバックアップコピー

ブラシセレクタから、アーティストオイルカテゴリの「ウェットオイリーブラシ」を選択します(図3)。
アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ
〈図3 アーティストオイルカテゴリのウェットオイリーブラシ〉

そして、このブラシのバックアップコピーを作ります。
バックアップコピーの作り方は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシのバックアップコピー」の部分を参考にしてください。

今回、バリアントの保存画面(図4)で入力する保存名は「Photoshop風のブラシ」にします。
勿論わかりやすい名前であれば、どんな名前でもかまいません。
バリアントの保存画面
〈図4 バリアントの保存画面〉

バリアントを保存したら、ブラシセレクタで「Photoshop風のブラシ」をあらためて選択しておきます。

ブラシパラメータの変更

次にブラシパラメータを変更します。

値の変更方法は、「PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法」の「ブラシコントロールで変更する方法」か、「ブラシクリエータで変更する方法」を参照して、いずれの方法かで変更してください。

ここでは、変更するパラメータ値のみ列挙します。

(1)一般の変更。
一般パレット
〈図5 一般パレット〉

不透明度:30%
粗さ:30%
ブースト:100%

(2)サイズの変更。
サイズパレット
〈図6 サイズパレット〉

最少サイズ:100%

(3)アーティストオイル変更。
アーティストオイルパレット
〈図7 アーティストオイルパレット〉

量:5%
粘り:100%
混色:0%

ケバ立ち:10%
固まり:10%
尾がすれ:0%

ウェット:100%

値を変更した後は、忘れず「バリアントの保存」を実行してください

注意点
このブラシでキャンバス上に描くと、図8の様になります。
改造したアーティストオイルブラシの描画
〈図8 改造したアーティストオイルブラシの描画〉

しかし、レイヤー上では図8の様には描画できません。

レイヤー上でキャンバス上と同じ動作にするためには、必ずレイヤーパレットにある「下の色を拾う」チェックボックスをオンにしてください(図9の赤い丸で囲んだ部分)。

photoshop-2
〈図9 改造したアーティストオイルブラシをレイヤーで使う〉

あと、よりPhotoshopらしくしたいならば、無地テクスチャと一緒に使う方がそれらしくなります。
Painterで無地テクスチャを作る方法は「Painterで下書きからペン入れの方法[3/4]」の「無地テクスチャの作成」を参照してください。

応用

アーティストオイルブラシは同時に最大3色を乗せて描画できるブラシです。
なので、このPhotoshop風ブラシで、ミキサーパレットの多色スポイトツール(図10の赤い丸で囲んだ部分)で色を選択すると、アナログ画材の幅広スポンジブラシで色を塗ったような表現ができます(図11)。
ミキサーパレット
〈図10 ミキサーパレット〉
Photoshop風ブラシで多色塗り
〈図11 Photoshop風ブラシで多色塗り〉
warning_32q補足
当然のことながら、ブラシトラッキングの設定は行っていることが前提です。
ブラシトラッキングの設定のやり方は「Painterで下書きからペン入れの方法[1/4]」を参照してください。


関連エントリ
PainterでSAI風の鉛筆ブラシを作る方法
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 21:00 | Edit

レイヤー結合の問題と対処法

Painterの「レイヤー結合」(Ver.9.5では「グループ結合」)は、複数のレイヤーに描画していた内容を、1枚のレイヤーにまとめるものです。

しかし、Photoshopの「レイヤーの結合」機能とは違って、レイヤー結合前と結合後とでは結果の内容が異なることが多々あります。

レイヤー結合の問題(具体例)

例えば、図1のⅠとⅡのように、キャラクタの髪の部分をグラデーションで着色した2枚のレイヤーがあるとします。
グラデーション着色した2枚のレイヤー
〈図1 グラデーション着色した2枚のレイヤー〉

これらのレイヤー構造は、Ⅰのレイヤーが上、ⅡのレイヤーはⅠの直下にある状態となっています(図2)。
2枚のレイヤー構造
〈図2 2枚のレイヤー構造〉

ここから、上のレイヤーⅠの合成方法を「デフォルト」から「差の絶対値」に変え、不透明度を50%に変更します(図3)。
レイヤー合成方法の変更状態
〈図3 レイヤー合成方法の変更状態〉

結果、このような表示内容になります(図4)。
レイヤー合成方法を変更した表示結果
〈図4 レイヤー合成方法を変更した表示結果〉

それで、これら2枚のレイヤーをメニュー→レイヤー→レイヤーのグループ化(またはCtrl+G)を実行した後、メニュー→レイヤー→レイヤーの結合(またはCtrl+E、Ver.9.5ではCtrl+Shift+X)を実行し、レイヤーを1枚にまとめます。

すると、結合前(下図5のⅰ)と結合後(下図5のⅱ)では、表示される色が異なっています。
レイヤーの結合前と結合後
〈図5 レイヤーの結合前と結合後〉
(図は画面をキャプチャーしたものを比較)

結合前より、結合後の方が、ツインテールの向かって右の部分の色が、薄くなっているのが分かります。


この様な現象は頻繁に発生しますが、だからと言って「前と後で、必ず結合結果が違う」と言えません。
当該レイヤーに着色された色と、合成方法(レイヤーモード)や、不透明度に深く関係するので、仮に同じ合成方法でも、描画色によっては、結合前後で変わらない場合も結構あるのです。

対処方法(その1)

合成方法が「デフォルト」同士のレイヤー結合の場合は、間違いなく結果が同じになります。
不透明度が違っていても影響ありません。

レイヤーの結合を多用する場合、「乗算」や「フィルタ」などを使わず、全てのレイヤーを常に「デフォルト」で描いていくのが一番確実です。


色彩を学んでいる過程の人には、この方法をお薦めします。
むやみに後から「乗算」などを使って影を作ったりするのは(油絵におけるおつゆ塗りに相当)、色彩のコントロール能力を身につけにくくなる、という説もあったりするからです。
要するに、あらかじめ対象物の色をちゃんと作って(考えて)から着色する訓練だと思えばいいと思います。

対処方法(その2)

Photoshopファイル(*.psd)として別名保存し、Photoshopで開き直して、レイヤー結合します。

手軽でこれが一番お薦めです。
Photoshopは廉価版のElementsでも構いませんので、Photoshopで合成してしまうのが一番楽です。

ただし条件として、Photoshopを持っていること、が大前提の方法です。

対処方法(その3)

非常に手間がかかる方法ですが、Painterで結合前の見た目通りに合成する方法を示します。

(1) 合成するレイヤーをメニュー→レイヤー→レイヤーのグループ化(またはCtrl+G)。

(2) レイヤーグループの複製。
レイヤーグループを選択状態にし、メニュー→レイヤー→レイヤーを複製(または、右クリックで出るコンテキストメニューから複製)を実行。
複製したレイヤーグループ
〈図6 複製したレイヤーグループ〉

(3) 複製したレイヤーグループをキャンバスに固定。
レイヤーパレットのレイヤーコマンドボタンを押し、固定を実行(図7)。
レイヤーコマンドの一覧画面
〈図7 レイヤーコマンドの一覧画面〉

キャンバスにレイヤーグルーブの描画内容が固定されました(図8)。
キャンバスの内容
〈図8 キャンバスの内容〉

(4) 新規レイヤーを作成。
レイヤーの階層は、元の髪グループのある階層と同じでいいです。
分かりやすいように、レイヤー名を「結合したレイヤー」に変更しました(図9)。
新規レイヤー
〈図9 新規レイヤー〉

(5) メニュー→ファイル→クローンソースで、現在開いているファイル名にチェックが入っていることを確認(図10)。
クローンソースの確認
〈図10 クローンソースの確認〉

(6) (4)で作成した「結合したレイヤー」を選択状態にし、メニュー→編集→塗潰し(または、Ctrl+F)を実行。
Ver.9.5の場合、メニュー→効果→塗潰しを実行。
すると、塗潰しダイアログ(図11)が出るので、「塗潰し方法」にクローンソースを選択し(図11の赤い丸で囲んだ部分)、OKボタンを押下。
塗潰しダイアログ
〈図11 塗潰しダイアログ〉

「結合したレイヤー」にキャンバスの内容がまるごとコピーされた状態になります(図12)。
塗潰し結果状態
〈図12 塗潰し結果状態〉

髪以外の箇所も、白で塗り潰しコピーされているのがわかります。(図12では、分かりやすいように、レイヤーパレットのサムネイルを「大」に変更済み)

(7) 髪以外の部分の選択範囲を読み込み、白い部分を削除。
選択範囲の取り方は、以下の三通りの方法があります。

(7-1) グループコンテンツの選択を用いる方法(ver.11)
(1)で残しておいた髪のレイヤーグループを、Ctrl+クリックして選択範囲を取ります。その後、メニュー→選択→選択範囲の反転(またはCtrl+I)し、Backspaceキー押下。

(7-2) 透明度を用いる方法
(1)で残しておいた髪のレイヤー(単体)を右クリックし、コンテキストメニューから「透明度から選択」を実行し、選択範囲を取ります。
その後、メニュー→選択→選択範囲の反転(またはCtrl+I)し、Backspaceキー押下。
ver.11の場合は、該当レイヤーをCtrl+クリックして後、選択範囲を反転でもOKです。

(7-3) チャンネルを用いる方法
(1)~(2)のを実施せず、元の髪レイヤーの透明度から選択範囲を取り、あらかじめチャンネルに保存しておく。
メニュー→選択→選択範囲の読み込みを実行し、保存しておいた選択範囲(の反転)を読み込み、Backspaceキー押下。

今回のイラストの場合、以前に作成した髪チャンネルがあったので、これを使って削除しました。

実行した結果は図13の通りです。
白い部分を削除した結果状態
〈図13 白い部分を削除した結果状態〉

髪以外の白い部分が削除され、透明状態になりました

正直、こんな回りくどい方法は面倒以外のなにものでもないので、できればCORELにレイヤー結合の仕様がPhotoshopと同様、どんな合成方法や不透明度でも、結合前と結合後が必ず同じ表示状態になるようにしてほしいです


関連テキスト
便利な「グループコンテンツの選択」機能



この作例は、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 19:16 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ