Painterの備忘録的なアレ

Painter 2018 リリース!(2017/06/28)

Painter11のサンプル作品6

いわゆるスクリーントーン的な表現をめざして、Painterで試行錯誤した軌跡を残しておく。
画像の目的がWEB用(72dpi)か印刷用かで、スクリーントーン表現(網点化)のやりかたが違うのは分かるのだけど、厳密な計算式を出せないのでこんな感じになりましたメモ。
まず元画像はこれ。
srcblue

この画像は、こんな感じでキャンバスに主線、レイヤー1に青い影を入れている。
青なのはカラーセットから適当に選択したもので、あまり深い意味はない。
painter1-2

主線は毎度おなじみのスクラッチボード。
PainterImage27
青い影は『Painterでのクリッピングマスク的な塗り方[1/2]』で紹介した下地べた塗りブラシです。

PainterFunさんの過去ログ『モノクロ 2 値化のいろいろ』と『マンガ原稿のスクリーントーンと二値化』を参考にして目分量で適当に作ったトーン表現。
青のレイヤーを透明度保護して、ハーフトーンテクスチャを指定し、「スクリーンの適用」を実行したもの。
srcPainter
WEB画像原寸での表現ならこれでも十分なのだけど、スクリーンの適用を利用した場合の印刷解像度での計算方法についてが現状よく分からない。
ハーフトーンテクスチャ側の数値と、画像ピクセル数の計算式の算出手順がまだ明確にだせてないのが課題。

他にも「テクスチャの表現」を実行して、ハーフトーンテクスチャを表現したもの。
こちらは、印刷精度が悪くトーンがにじんだ(太った)感じの表現になった。
textr
ここまではPainterに標準搭載されている機能を使ってたのでMacの環境でもできること。


もう一つ、別の方法として猫魚さんでフリー配布されているPhotoshopのハーフトーン化プラグイン(Win用)をPainterに導入して、網点化する方法。

そのために青い影を90%明度のグレーに変更したものが以下。
src90per
このグレーで塗っているレイヤーを透明度保護して、プラグイン実行。線数18.0 角度45
90%18L
このプラグインは印刷前提のため、一辺のピクセル数が少ないWEB用の小さな画像は、ドットが潰れてしまう。
18線という数値は72dpiのWEB画像の25%の線数ということで算出したもの。
600dpiや1200dpiなら、このプラグインでトーン処理をやった方が算出の手間がないので簡単。ただ、Painterはグレースケールや二値をデータとして取り扱わない(見かけ上はできる)ので、物理的に無理すぎる。
やっぱりモノクロ印刷ならPhotoshopかコミスタで扱う方が余計な手間が省けていいと思う。

以下仮説メモ
72/25*(テクスチャの行数)で72/25*4=11.52
線数11.5での効果
90%11_5L

10年余前だと漫画の印刷線数は133線だった。現在は印刷性能があがって175線が標準らしい。
133線で61番トーンということは線の半分弱(45%)がトーンとして占有できたということ。175線では34%の占有率。
というか90%の明度を表現するための網点化なので、線数値は無視したほうがいいのかも。
warning_32q補足
プラグイン導入の方法は、Painterヘルプで「プラグイン」で検索すれば出てきます。
Ver.11とVer.9.5では設置するフォルダの箇所が違うため、各バージョンのヘルプで確認してください。またVer.12では、Photoshopプラグインに対応しなくなったので利用できません。
Painter12.1のアップデートパッチで再びPhotoshopプラグイン(32bitおよび64bit版)に対応されました。

この作例は、サイト「キタユメ。」のアバウトキタユメ。に書かれている「二次創作について」に基づき、『AXIS POWERS ヘタリア』の登場キャラクター「イギリス」を描いたものです
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 01:33 | Edit
記事検索
タグクラウド
Gallery
  • 新バージョンPainter 2017 発売
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その4)
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter2016で下書きからペン入れの方法[7/7]
  • Painter6以前の旧水彩
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その3)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる(その2)
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • PainterとCLIP STUDIO PAINTを比べる
  • Painter12のサンプル作品14
  • Painter12のサンプル作品13
  • PainterX3の試用版を試してみた
  • Painter12のサンプル作品12
  • Painter12のサンプル作品10
  • Painter12のサンプル作品9
  • Painter12のサンプル作品8
  • Painter12のサンプル作品7
  • Painter12のサンプル作品6
  • Painter12のサンプル作品5
  • Painter12のサンプル作品4
Amazon.co.jp

コーレル Painter 2017
コーレル Painter 2017
▲最新バージョン16
(2016/9/2 発売)

コーレル Painter 2017 アップグレード版
コーレル Painter 2017 アップグレード版
過去のフルバージョンユーザーが購入可能なパッケージ。

コーレル Painter 2017 特別優待版
コーレル Painter 2017 特別優待版
▲PainterEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

コーレル Painter 2017 アカデミック版
コーレル Painter 2017 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2017 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)

Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
Corel Painter 2017 アップグレード版 [ダウンロード]
▲amazonでのDL販売(今バージョンで初)


Painter 2016
Painter 2016
▲旧バージョン15(2015/9/18 発売)

Painter 2016 アップグレード版
Painter 2016 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Painter 2016 特別優待版
Painter 2016 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。


Painter 2016 アカデミック版
Painter 2016 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら

Corel Painter 2015 通常版
Corel Painter 2015 通常版
旧バージョン14(2014/8/29 発売)

Corel Painter 2015 アップグレード版
Corel Painter 2015 アップグレード版
Painter7以降のユーザーが購入可能なパッケージ。

Corel Painter 2015 特別優待版
Corel Painter 2015 特別優待版
▲Painter6以前のユーザーやEssensitalsまたはその他のCOREL製品やPhotoshop、SAI、IllustStudio、ComicStudio、CLIP STUDIO PAINT等のユーザーが購入できるパッケージ。この版のDL販売はなし。

Corel Painter 2015 アカデミック版
Corel Painter 2015 アカデミック版
▲学生・教職員・各種専門学校・大学校・図書館司書職員・美術館学芸職員などが購入できるパッケージ。但しアップグレードできない、商用利用できない、譲渡できないという制限がある。この版のDL販売はなし。
詳しくはこちら
Painterの備忘録的なアレ